増え続ける審美歯科。ビジネスパーソンも歯が命!?

増え続ける審美歯科。ビジネスパーソンも歯が命!?

「芸能人は歯が命」という言葉が昔のテレビCMでありましたが、それはビジネスパーソンにおいても同じことです。

仕事ができる人ほど口の健康には気を遣っています。

特に日本人があまり意識していないところですから、ここに取り組むだけで一歩先を行った人材になれます。

欧米では定期的に歯科医に行くことは当たり前

日本において「歯のメンテナンスをしている」ということは、せいぜい毎日歯を磨いている程度のことでしょう。

しかし、海外ではそれだけに留まりません。歯を磨くのは当たり前で、異常がなくても歯医者に通う方が多く見られます。その目的は虫歯や歯周病などの予防のためです。

欧米では、経歴やスキル以外にも「歯がきれいかどうか」を採用の基準にしていることが多いと言われています。それだけ人に与える印象が変わり、かつメンテナンスをしている人は仕事の取り組みも丁寧だと認識されているのでしょう。

日本では審美歯科が増えつつあるが、意識はまだ低い

日本においても、歯医者の市場は大きく変わりつつあります。う蝕や虫歯などの患者が年々減り、歯科医は単に「痛い歯を治す」以上のサービスを提供する必要が出てきました。そうして増えていったものが審美歯科です。

しかし、日本人の歯にたいする意識はまだそう高くはありません。海外で仕事をすると、「日本人は歯が汚い」と指摘されることがあるようです。

今や気軽に歯医者に通える時代

国内における審美歯科の意識はそう高くありませんが、幸いにも今の日本は以下のように通いやすい環境が整っています。今まで歯磨きしかしていなかった方は、定期的に通うようにしてみましょう。

保険の適用

歯周治療用装置など、優先度が高い技術は保険の点数が付くようになりました。治療法をしっかりと選べば、「高くて通えない」という心配はありません。

技術の発達

患者のニーズに応えて痛みが少なく、効率良く、短時間でできる治療法が確立されています。昔のようにドリルでひたすら歯を削られたり、抜かれたりすることも減りました。

サービスの充実

歯医者と言ったら「暗い、痛い、恐い」などのイメージを抱いている方が多いはず。しかし、近年は歯科医の数が増えており、競争が起きています。

他と差を付けるために充実されてきたものがサービスです。今や、高圧的な態度ばかり取る医師は淘汰される時代です。

ネットの充実

歯医者にたいして不安があっても、ネットであらかじめ調べられます。どこの歯科医も自分のサイトを立ち上げており、治療や診断にたいするモチベーションが分かります。

また、口コミで実際に利用した患者の感想も見られます。このことから、「ハズレ」の歯科に行く危険性も低くなりました。

他人とよく接するビジネスパーソンなら、ぜひとも歯を美しく保ちたいところです。どれだけ身だしなみを整えても、黄ばんだ歯を見せた瞬間に印象が悪くなってしまうかもしれません。

ぜひとも最近増えつつある審美歯科に通って、ライバルたちと差を付けましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。