USCPA関連

AIによって会計士・USCPAの仕事は無くなるのか?

AIによって会計士・USCPAの仕事は無くなるのか?

AI(人工知能)の普及により、世の中のあらゆる仕事が無くなってしまうという記事を読んだことがある方も多いと思います。

日本の公認会計士や米国公認会計士USCPAの仕事についても、海外の記事では仕事自体が減るなどのネガティブな面が取り上げられており、資格取得を検討している方の中にはその将来性への不安から取得を躊躇している方もいるのではないでしょうか。

そこでAIが会計士やUSCPAの仕事に与える影響やその将来についてお伝えしていきます。

続きを読む

USCPAに受験資格はある?資格取得のための事前チェックリスト

USCPAに受験資格はある?資格取得のための事前チェックリスト

大手監査法人や会計事務所への転職だけでなく、外資系企業の経理部など、USCPAがあることで活躍できるフィールドは拡がります。

USCPAは日本でも既に人気のある資格で、気になるという方も多いのではないでしょうか。

本記事はUSCPAの受験資格や、資格取得前にチェックしておきたいポイントについてご紹介していきます。

続きを読む

IFRS導入企業の増加はどう今後の日本経済にかかわるのか

IFRS導入企業の増加はどう今後の日本経済にかかわるのか

現在進んでいる企業のグローバル化は、社員の意識だけでなく経営のさまざまな部分に影響を与えています。その中の1つが会計、IFRSを導入するところが増えており、日本経済全体にも大きな影響を与えています。

IFRSとは、日本語で「国際財務報告基準」と呼びます。従来の財務報告は日本オリジナルの基準で行っていましたが、さまざまな企業で国際基準のものを使うようになってきました。

続きを読む

公認会計士がUSCPAを取得する優位性

公認会計士がUSCPAを取得する優位性

公認会計士とUSCPAを両方持っている方は、全国に1,000~2,000人ほどいると言われています。

日本か海外かという違いはありますが、どちらも会計に関する資格。しかし、ダブルライセンスにする理由は意外とたくさんあるようです。

続きを読む

IFRSと日本の会計基準との違いと主な注意点

IFRSと日本の会計基準との違いと主な注意点

会計には日本の基準とは別にIFRS(国際会計基準)というものがあります。今までは前者が主流でしたが、企業がグローバル化するにつれて後者の考え方が広まってきました。

ビジネスパーソンとして広く活躍していくなら、これら2つの違いをしっかりと把握しておくことが必要です。

続きを読む