独学でUSCPAの試験合格は可能?取得を目指すなら押さえておきたいポイント

独学でUSCPAの試験合格は可能?取得を目指すなら押さえておきたいポイント

USCPA試験に合格するためには予備校を利用するのが一般的です。

しかし、中には独学でパスしたいと考える人もいます。

そこでUSCPAの資格を取得する上で押さえておきたいポイントや独学に対する考え方などについて詳しくお伝えしていきます。

独学でUSCPAを受験する人はいる?

USCPA試験を独学で準備して受験する人ですが、数は少ないものの毎年一定数います。独学受験の最大のメリットは予備校を利用しない分だけ受験費用を安く抑えられる点にあります。

しかし、実際に独学で準備すると受験に必要な情報収集が大変なだけでなく、後ほどご紹介するように実際には非常に合格は難しいのが現実のようです。

特にUSCPA試験に必要な単位数が足りない大多数の方は予備校に通って、不足する単位を補うのが最も効率的であり、費用も安く済みますので予備校利用は外せません。ただし、それでも独学で挑戦し、合格を勝ち取る人はわずかながらですがいます。そのような方の特徴については後でご紹介していますのでそちらをご覧ください。

独学でUSCPAの試験合格が難しい理由3選

USCPA試験に独学で合格する人もいますが、たいていの人の場合は以下にお伝えする理由から非常に難しいのが現状です。

USCPA試験の要件である必要単位の取得が困難

独学を困難にさせる最大の要因がUSCPA試験に必要な不足単位をどうするかという点にあります。商学部や経営学部出身など一部の人を除き、大半の人は試験に必要な単位数を満たしていないことが考えられます。日本のUSCPA対策予備校なら必要な分だけ効率良く単位取得できますが、独学の場合ですとそうもいきません。

この場合、日本の大学にはいりなおしたり、アメリカの大学の通信などで不足単位を取得できるかどうかという話になります。

しかし、仮にそのようにして該当しそうな単位が取得できたとしても、その単位の全て又は一部がUSCPA試験に必要な単位として認められない可能性もあります。しかも、そのようにして取得した場合、非常に多くの時間とお金がかかることにもなりかねません。

試験が英語である点

USCPA試験は英語で出題されますので、当然のことながら試験範囲は全て英語で理解できる必要があります。英語に強い人ならそれほど違和感無く理解できますが、USCPA試験の受験生の大半は普段英語を使う機会が少ない人の割合のほうが高い傾向にあります。

そのような人がいきなり会計や監査などの事前知識も無く、試験に対応できるレベルまで英語で説明された内容を理解するのはとても困難です。

また、次にお伝えするように日本語で説明された市販テキストで、試験範囲の全てを網羅したものがほぼ無く、あっても内容のアップデートが試験傾向の変化に追い付いていません。かといってアメリカの学生が使うような洋書のテキストを購入して、最初から理解していくのも多大な時間がかかり、実際には難しいでしょう。

初学者向きの市販テキストが無い

会計や監査に関する知識がゼロの人が効率良く学習でき、試験の全範囲を網羅しているような市販テキストが無い点も独学を難しくしているといえるでしょう。これは日本語のテキストも洋書のテキストの場合も同じで、コンパクトにまとまったわかりやすいテキストというものが市販のものには存在しないのです。

例えば、市販の洋書テキストの代表格ともいえるWileyは、アメリカで最も人気のある参考書で、日本でも独学者が購入して勉強している人もいます。Wileyには各章の冒頭に試験に必要な知識をまとめたものがリスト化されて掲載されており、さらに過去問が続いて掲載されています。しかし、全くの会計初学者の人がいきなりそのまとめだけを覚えても、内容の深い理解が難しく、試験で出される論点に対応することはほぼ不可能でしょう。

USCPA試験用の日本語の参考書もいくつか出版されていますが、全てを網羅しておらず不十分です。かといってアメリカの大学で使われている分厚い洋書のテキストを購入して最初から勉強しても、英語で理解しなければならない困難さであったり、テキストのボリュームがあまりに膨大なために効率良く勉強することは至難の業です。

独学でUSCPAに合格するのはこんな人

独学でUSCPA試験に挑戦する人がいる一方で、お伝えしたように独学での合格が難しい理由が存在することも事実です。

しかし、中にはそれでも独学で合格する人がいます。そのような人の特徴やバックグラウンドをいくつかご紹介しておきましょう。

アメリカの会計学専攻の学生や卒業生で監査従事者

このようなバックグラウンドの人の場合、まず自分の持っている知識をUSCPA試験に出てくる英語での知識に置き換えます。そして市販の問題集などで過去問を解きながら試験傾向を探る作業だけでほぼ合格できてしまいます。

このような人達は既に監査論も含めて会計全般に関する知識が豊富です。特に日本の公認会計士試験(二次試験と三次試験)の合格者で、監査業務に従事している人の場合、実務経験の無い人にはイメージしづらいAuditの試験も自分が普段仕事で接しているためにUSCPA試験で問われていることはとても簡単に感じるでしょう。

試験モノに強くて英語力もある人

東大などの超難関大学や難関私大の看板学部に現役合格するような試験に強い人達がこのグループに入ります。試験モノに強い人は学習の初期段階で過去問を軽く分析し、そこから逆算して不足する知識を効率良く補い、アウトプットできる人達です。試験に強い人の場合、Wileyなど市販の洋書テキストと必要に応じて補助的なテキストを購入して、独学で効率良く合格できてしまいます。

また、スタンフォードやコロンビアといったトップスクールのMBA取得者や外資系金融機関のフロント部門などで働いていて数字に強く、資格試験に忙しい業務の合間の勉強だけで簡単にパスしているようなレベルの人達も似たようなグループです(一部上記の大学出身者とも重なります)。
ただし、いずれのタイプの人も大学や大学院でUSCPA試験に必要な単位数を取得していることが独学の条件となるでしょう。不足する単位がある場合はやはり日本の予備校に頼るほうが現実的かつ効率的です。

USCPA試験に合格したいなら予備校は必須

既に会計のバックグラウンドや関連する実務経験があったり、試験モノに非常に強い人などを除き、大半の人にとって予備校の利用はもはやUSCPA試験合格には欠かせないものといえそうです。

特に以下の理由から予備校を利用するメリットは大きく、最も効率良く合格へと導いてくれるでしょう。

USCPA試験に必要な単位取得が可能

USCPA試験の受験要件となっている各州で必要な単位数に満たない人の場合、予備校利用が最も無駄が無く、確実な方法となります。

もし、自分で必要単位数を満たそうとなると大学にはいりなおしたり、大学院(ビジネススクール含む)に入学する他、海外の大学やMBAの通信プログラムなどを利用しなければならないかもしれません。しかし、そのようにしてわざわざ取得した単位が必ずしも受験要件を満たすものかどうかは定かではありません。

せっかく時間とお金をかけて取得しても認められない単位となれば、全てがムダになるだけでなく、受験要件を満たさずに受験すらできなくなる可能性があります。

USCPA試験の対策予備校で取得できる単位プログラムはアメリカの大学と提携しており、各州の受験要件にも合致していることは当然確認済みですので、最小限の費用と労力で確実に不足単位を取得できます。

合格までに必要な最新情報や学習内容が全て提供される

予備校のプログラムで勉強すれば、わからない点がすぐに聞けるだけでなく、各州の受験要件や試験傾向などの最新情報を漏らさず受けることができます。

また、予備校のテキストは日本語の説明もあるために理解が深くなり、記憶を定着させやすくなります。従って、学習効率が良くなって受験期間を短く、なおかつ最小限の労力で合格に必要な学習内容をカバーできます。

予備校から支給されるテキストと問題集だけに学習範囲を絞ることができる点や質問できる点は独学では得られない最大のメリットになります。

そのような教材をひたすら反復学習するだけで合格に必要な知識やアウトプットの方法が効率的に学べますので、独学と違ってそれだけやっていればいいという安心感もあります。

特に忙しいサラリーマンの方の場合、あれこれと様々な教材に手を出している暇もありませんし、そのような学習方法では合格までに余分な時間を費やしてしまう恐れがあります。そして最悪の場合、遠回りの学習ばかりで時間だけが過ぎていき、永遠に合格できない場合も考えられます。

まとめ

USCPA試験の合格を目指すなら、なるべく最短で効率良く学習したいとだれもが考えます。予備校を利用すれば費用はかかるものの、効果的な学習プログラムと必要な最新の情報提供といったサポートが充実しており、その費用以上のメリットを享受できます。目標となるのはUSCPA試験を極めることではなく、試験に合格することのハズです。従って、受講費用は必要経費と割り切り、なるべく早く合格してより条件の良い先に転職するなどその対価に見合ったメリットを得たほうが得策といえるのではないでしょうか。

USCPA対策予備校のアビタスでは無料の説明会やカウンセリングも実施していますので、USCPA取得を検討している方は参加して資格の概要やご自身の状況を確認してみてください。

今すぐ無料説明会を予約する。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。