ビジネスでの成果を上げる! 「成功要因の分析」編

ビジネスでの成果を上げる! 「成功要因の分析」編

ビジネスで成功を続けるためには、成功した要因を分析することが重要です。

これは成功の要因を知ることで、より効率的なビジネスにつなげることができるためです。

成功の要因を知るためには、これまでにもいくつかの方法が考えられてきました。

今回はそのなかでも代表的な手法である「3C分析」と「SWOT分析」についてまとめましたので参考になさってください。


3つのCからビジネスの成功要因を導き出す「3C分析」

3C分析の3Cとは「Customer:顧客」「Competitor:競合」「Company:自社」の頭文字をとったものです。

3C分析を行うことで、それぞれの情報のプラスの面とマイナスの面を洗い出し、どのような条件の組み合わせや作用で成功につながったかを明確にすることが出来ます。
メリットは、市場との関わり合いの中から成功要因を導き出すことです。相互の作用や法則性を導き出せば、さまざまなビジネスに応用することができます。

競争会社の技術の進歩や純粋な数の増大によって、常に情報が更新されていきます。そうした点に関して、常に注意を怠らないことが大切です。そのため、どの時点での成功に着目するかによって答えは変わってきます。
市場環境が変わった場合や新しい市場に参入する場合は、新しい競合相手を想定し続ける必要があります。自社の強みや個性を知るための分析手法としても知られているのです。

ビジネスパーソンが最低限おさえておくべきフレームワーク10選
フレームワークは物事にたいして共通して用いられる考え方や意思決定、分析、などの枠組みのことを言います。 世界中のトップリーダーなら使えて当然とまでされており、ほとんど経営学校

ビジネスチャンスを明確にするための「SWOT分析」

SWOT分析は「Strengths:強み」「Weaknesses:弱み」「Opportunities:機会」「Threats:脅威」の頭文字をとったもので企業や事業の現状を分析する手法の一つです。

SWOT分析は内部環境と外部環境に大別されます。強みと弱みは自社でコントロール可能な内部環境を、機会や脅威は政治動向・業界規制・経済などのコントロール不可能な外部環境を指します。

ビジネスに関わる情報は膨大で、どこからどこまでを分析するかによっても大きく労力が変わってきます。そこで成功によって導き出された仮説を通じ、それぞれの要素がどのような影響を与えたかを分析していき、内部的な強みと外部的な機会が合致する領域を探っていくのです。

この強みと機会が合致する部分を導き出すことがビジネスチャンスの明確化であり、次のビジネスにも生かしたい成功要因の解析につながるのです。

 

今回紹介したように3C分析とSWOT分析は成功要因を導き出し、次のビジネスに生かすための分析手法です。

それぞれの分析はより細かな分析手法やノウハウで細分化されており、効率的な分析を学ぶためにはさらに学習が必要になります。

自己流では情報が被ってしまうことや、無駄が生じる場合が多いのです。
そのため、専門家の指導を受けながら経験を積むことも重要で、繰り返し分析をすることが能力や精度の向上にもつながるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。