スマホ時代、ビジネスパーソンが腕時計をする5つの理由

スマホ時代、ビジネスパーソンが腕時計をする5つの理由

時計機能が付いているスマホや携帯電話が普及している現代では、腕時計をする意味が徐々に薄れてきています。

しかし、ビジネスパーソンの場合にとって腕時計をするメリットは大きいものです。

なぜビジネスパーソンは腕時計をする必要があるのか、その意味についてご紹介していきます。

相手が時間を確認できる

ビジネスパーソンが腕時計をする最大の理由ともいえるのが、相手が時間を確認できるということです。商談の時などに腕時計をしていれば、商談相手もさりげなく時間を確認することができるので、好感触を得られることがあります。

腕時計はいわば「思いやりのアイテム」となるのです。そのためビジネスパーソンの腕時計は、相手からも時間が見やすいように文字盤が大きく見やすいものを選ぶと良いと言われています。

見た目の印象が良くなる

腕時計は、ビジネスパーソンが使える数少ないファッションアイテムです。腕時計をしていれば、程よい重圧感や個性が醸し出されるので、相手に与える印象をコントロールすることができます。

重要な商談などでは、高めのしっかりとした腕時計をしていると信頼感がアップすることも。ただし、何十万円、何百万円する高級腕時計を身につけるなど、「やり過ぎ」は逆効果になるケースもあるので加減が必要です。

ビジネスパーソンには能力・スキルも勿論必要ですが、実はそれだけでなく見た目も重要になってきます。 服装にも気を遣っていないと出世や年収に響いてしまうことも……。 そこで

時間に敏感になる

shutterstock_56473789腕時計をすると時計を見る機会が増えてくるため、自然と時間を意識する感覚が身につき、時間に敏感になります。

ビジネスパーソンにとって時間を守り時間をいかに上手く活用するかは大きな課題とです。

特に時間にルーズな方は、常に腕時計を身に付けておきたいところです。

気持ちをオンにできる

仕事の際に腕時計を身につける習慣を持つと、時計を見ることで仕事のスイッチをオンにする心理効果があります。やる気の乗らない日でも腕時計を見ればモチベーションが高まることもあります。

特に少しだけ背伸びした価格の腕時計とすると、そういった心理効果を得やすいようです。

確実に手軽に時間を確認できる

スマホや携帯電話の場合は、商談中や電車やバスでの移動時などどうしても使いづらい場合がありますが、腕時計であればいつでも気兼ねなく時間を確認することができます。

また電池切れの心配も滅多にありませんし、両手が塞がっていても腕を曲げれば確認できます。この確実さや手軽さが腕時計の大きなメリットでもあります。
いかがでしたでしょうか。腕時計には、スマホや携帯電話ではカバーできないメリットがたくさんあります。絶対に腕時計をしないといけないわけではありませんが、ビジネスパーソンならばぜひ活用したいアイテムだと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。