転職したてで不安。周りに馴染んで円満に仕事をする方法

転職したてで不安。周りに馴染んで円満に仕事をする方法

気持ちよく仕事するには、周りの仲間と仲良くなることが重要です。

転職したときはとくに知らない人ばかりですから、いち早く馴染みたいものです。仕事で信頼を得る以外にも、コミュニケーションによって打ち解ける方法があります。

以前の会社の風土にとらわれない

たとえば、上司にたいしても「さん」づけで呼ぶ風習が前の会社であったとします。しかし、これは他社では失礼になってしまうことがあります。

このような独自の社風は退職時に捨てて、また入社したときにいち早く掴みたいものです。「変な風習だ」と思っても、周りに馴染むためには慣れることが必要不可欠でしょう。

「これは社会人全般のルールなのか、オリジナルなのか」と悩んだときは、書店で売っているようなマナー本を読むと良いでしょう。インターネットもたくさんの情報サイトがあるためおすすめです。

転職後はとくに質問を恐れない

転職後はとくに質問を恐れない大きな失敗につなげないためにも、仕事のことでわからないことがあったらすぐに聞くということはビジネスパーソンとして当たり前のことです。

そうは言っても、職場を変えると周りが知らない人ばかりでどうしても質問しにくくなってしまいます。ときには過度に期待されており、「こんなこともわからないのか」という顔をされてしまうことも。

しかし、会話をすることで仲良くなるものですし、失敗時のリスクとくらべてもこまめに聞いたほうが良いでしょう。それで相手にがっかりされても、それはその人の責任ではありません。

相手の年齢やキャリアを考えずに話す

転職時のコミュニケーションで多いミスが年齢やキャリアによるもののようです。たとえば、同い年だと思ってタメ口で話していたら実は年上だった、直属の先輩が年上で何かと遠慮されたというものです。

このようなケースを1つ1つ想定することは大変です。そのため、年齢やキャリアを考えずに話すことがもっとも簡単な方法になります。ただし、これはどのような相手にたいしても積極的に、敬意を払って接するということです。

「仲良くなろうと思ってできるだけフランクに話した」という方は多いものですが、それでは失礼があるかもしれませんし、「馴れ馴れしい」と思われたら人間関係がギクシャクしてしまいます。最初は勇み足で踏み込むよりも、少し慎重すぎるぐらいから始めたほうが失敗しないでしょう。
転職後は上手なコミュニケーションをとって早く馴染めると仕事のパフォーマンスが上がります。「一発で好感度を稼ぐ」というよりも、「とにかく失敗しない」ということを考えて行動したほうが上手くいくでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。