仕事がデキる人! それはコミュニケーション能力の高い人

仕事がデキる人! それはコミュニケーション能力の高い人

ビジネススキルの中でも、仕事の成果を出すのに欠かせないのがコミュニケーション能力だと言われることがあります。

実務に関する能力や技術が高いだけで、必ずしも成功するという訳ではないのです。コミュニケーション能力を伸ばせば、今よりも飛躍的に活躍できること間違いなしです。

信頼を築くためのスキル

まずビジネスシーンで最も重要なのは、相手に信頼してもらうことです。

提案する事業やプロジェクト・サービスが相手にどれだけメリットのある話だったとしても、結果に結びつくためには売り込む自分自身を信頼してもらえないとダメなものです。

自分自身に置き換えてみればすぐわかると思います。信頼できない相手の申し出は、なかなか受け入れることはできませんよね。

「この人なら大丈夫」「この人のいうことなら信じられる」「この人だからこそ任せよう」という認識を相手に持ってもらうことが何よりも重要になります。

分かりやすく言えば、相手に信頼してもらえるように努力して実践することが出来れば大きな成果に繋がるのです。そうしたスキルが、つまりはコミュニケーション能力という訳です。

相手の話をきちんと聴く

自分の話ばかり押し付けていては信頼関係を築けません。相手の話をしっかりと聴くことがコミュニケーションを取る上で大切です。

相手の状況・要望をきちんと「聴く」姿勢が大切なのです。

相手が望むことを的確に提案することで、相手は答えやすくなりますし、感謝してもらえます。まずは相手の話を「聴く」ということを意識されると良いでしょう。

相手を納得させるスキル

どんなに良いプランを提案しても、相手を納得させるスキルがなくては成果が出せません。

相手との信頼関係を築いたら、次は交渉力で話を進めなくてはなりません。豊富な知識をひけらかすような姿勢では、相手に見向きもされないので気を付けたいところです。

いかに相手を納得させて、伝えたい全てを自分の言葉でわかりやすく説明できるか。また相手の心に響くように内容の良さを伝えられるか、相手の立場になって本当に良いものを勧めているかという点が重要になってきます。

相手のペースに合わせることが近道

相手のペースに合わせることが近道どれだけ早く相手との信頼を築くかは、円滑にコミュニケーションを取れるかどうかにかかっています。効率よく相手とのコミュニケーションを取るには、相手のペースに合わせることも効果的です。

相手の話し方が早ければこちらも同じように早くリズミカルに、相手がゆったりとした口調なら、こちらも落ち着いて話すことを意識します。同じペースで話が出来れば相手も安心して親近感を持ちやすくなるのです。

話す際の声の大きさやトーンに関しても同じことが言えます。相手の声ばかりが大きくても小さくてもいけません。お互いの会話のペースを意識して、コミュニケーションを取ることをオススメします。

 

コミュニケーションは、いかに相手の心の中に入っていくかが重要です。

自分とペースが合えば会話をしていても心地よく、なんだか自分と似ているという感覚に持ち込めたらグッと距離が縮まりますからビジネスのチャンスに結び付きます。

相手の心をつかんでガッチリ離さなければ、あとは成果を手にするだけです。

コミュニケーション能力が高まればビジネスシーンで大きな成果を得られます。今回紹介したコミュニケーションを取る方法を一度試してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。