出来るビジネスパーソンから学ぶ。転職編~何に注目してキャリアチェンジするか 4つのポイント。

出来るビジネスパーソンから学ぶ。転職編~何に注目してキャリアチェンジするか 4つのポイント。

より良い仕事や待遇を望む場合、ときには今いる会社では実現できないことがあります。

そのようなときに、一流のビジネスパーソンはけっして短絡的なキャリアチェンジをしません。

彼らならではの視点を身につけることで、より良い転職ができるようになるでしょう。

年齢によって変わる転職の重点ポイント

「転職のときに何を重視するか」ということについて、基本的には仕事内容を重視する傾向が強いようです。しかし、それ以外は年代によってさまざまな特徴が見られます。たとえば、20代は安定性やワークライフバランスを重視しており、休日数や福利厚生などが見られています。

30代になると圧倒的に年収を望む方が増えます。しかし、40代や50代になり生活が安定していくと、今度はやりがいのある仕事ができるかどうかを見ることが多くなるようです。

できるビジネスパーソン流、4つのポイント

成功している人は一般的な方とはキャリアチェンジで考えているポイントが少し違うようです。

たとえば以下のようなものが挙げられるため、ぜひとも参考にしてみましょう。

もっとも見るものは仕事の内容と可能性の2つ

仕事の内容を見る方は多いことでしょう。自分がやりたいことができなければ、モチベーションが上がらず退職の理由にもなってしまいます。

一流のビジネスパーソンはそれに加えて可能性も見ています。これはおもに会社が成長するかということではなく、自分がスキルアップできるかという面です。より働きやすい環境を探すことで、結果的に年収アップも期待できるでしょう。

福利厚生を重視しない

20代がとくに重視したいと考えている福利厚生。実は、大きなコストがかかるため、近年経営が厳しくなり廃止している会社がたくさんあります。そこに勤めているかぎりずっと保証されるわけではなくなっています。

そのため、福利厚生だけを見て会社を決めることはかなりリスキーです。他の要素を見て決めたほうがずっとプラスに働くことが多くなるはずです。

給料の金額を見ない

目先の年収に固執することはおすすめできません。たとえば、そこから数年間まったく収入が増えないということも考えられるためです。また、業務内容に不満を感じて結局退職してしまう方も多いようです。

実力相応の企業を選ぶ

一般的に、中途採用者は即戦力として活躍を期待されているケースが多くなります。転職先が求めているスキルと自分の能力が乖離している場合、業務についていけなくなり退職してしまうことになりかねません。

とくに実力主義の企業ほど注意したいポイントです。背伸びせず、一歩ずつ着実にステップアップすることを心がけましょう。

キャリアチェンジのとき、多くの方が仕事内容や年収、福利厚生などから判断しています。しかし、一流のビジネスパーソンのフォーカスはそれとは少し違うようです。上記のような考えを参考にして、本当に後悔をしない転職を実現させましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。