今からすぐ簡単に出来る!20代の「疲れ顔」にサヨナラする方法

今からすぐ簡単に出来る!20代の「疲れ顔」にサヨナラする方法

疲れた顔をしていると話している相手にたいしてネガティブなイメージを与えてしまいます。とくに20代は疲労が目に現れがちです。スッキリとした目元を維持して、爽やかなビジネスパーソンを演出しましょう。


パソコンを使う人ほど目が疲れやすい

疲労が溜まっているときに現れる症状としてシワやシミ、クマなどが挙げられます。皮膚が薄くて脂肪が少ない部位のため、肌のハリが保ちづらく、ちょっとしたダメージですぐに調子が崩れてしまうためです。

とくにデスクワークが中心の方は気をつけたいところです。パソコンの光は目元の乾燥を招きます。

作業環境と姿勢を改善して疲労を軽減する

作業環境と姿勢を改善して疲労を軽減するパソコンを使う上ではフォントを大きくする、照明をつけるといったことが大切ですが、多くの方が忘れがちなことがディスプレイの設定です。

一般的に、部屋の明るさと同じ状態だともっとも疲労が溜まりにくいと言われています。

そこで、コピー用紙を1枚使ってディスプレイの設定を変えましょう。真っ白な紙を1枚画面の横にかざし、それと画面の中の白色が同じ見え方になるように輝度とコントラストを調整します。この状態が視覚的にもっとも優しいと言われる照明の状態です。

また、作業中の姿勢にも気を付けたいところです。前かがみになっていると、肩や首に負担がかかり、血行が悪くなります。周辺の凝りだけでなく目の疲れにまで影響を及ぼすため、正しい姿勢を心がけましょう。

とくに、普段から首が身体の前に突き出されている「ストレートネック」の方は要注意のため、早期の改善を心がけましょう。


自宅ではタオルを使ってアフターケア

仕事が終わって家に帰ったら忘れずにアイケアしましょう。単に寝るだけでは疲れはすべて取りきれず、だんだんと蓄積されてしまいます。タオルを使う方法が有効で、目の状態によって2つにわけられます。

まず、しょぼしょぼしている場合は血行不良になっています。このようなときは温かい濡れタオルで覆って、血管を広げてみましょう。充血しているときは炎症を起こしている状態です。このようなときは反対に冷たいタオルで冷やすことが効果的です。両方の症状があったら冷と温のケアを交互にすると良いようです。

20代の方は疲労が目に現れます。シワやシミ、クマなどを作っていると相手に「疲れているな」と思われてしまいます。とくにデスクワークが多い方は症状が出やすいため、作業環境の整備やアフターケアに力を入れてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。