40代の体型変化には原因あった?!40代にお勧めの太らない食事の仕方

40代の体型変化には原因あった?!40代にお勧めの太らない食事の仕方

40代になると今までの体型を維持することがかなり難しくなってきます。

いつまでもスリムなビジネスパーソンでいるためには、食事のとり方にもかなり気をつけなければならないでしょう。


基礎代謝のほか女性ホルモンの減少が原因

脂肪燃焼量のバロメーターでもある基礎代謝30代半ばから減っていきますが、40歳を越えるとさらに減少します。「今まで同じ生活を送ってきた」となれば太ってしまうことは当然でしょう。

それ以外の原因として、男女ともに女性ホルモン減少することが注目ポイントです。これによって満腹感を得られにくくなり、結果として必要以上に食べてしまうことがあるようです。

それと同時に内臓脂肪が増えるとも言われています。二の腕にぜい肉がなくてもお腹がぽっこり出ている方は、食生活の改善が必要不可欠でしょう。

大豆で基礎代謝と女性ホルモンの両方をカバー

大豆で基礎代謝と女性ホルモンの両方をカバーまずは、40歳をすぎても若いときように乱れた食生活を送っている場合、すぐに正しましょう。肥満だけでなく、高血圧や糖尿病といった生活習慣病のリスクも増大します。

糖質やカロリーをとりすぎないことは大切です。しかし、それに加えて上記のような原因をケアしてくれる栄養素をしっかりとることのほうが重要でしょう。

基礎代謝をアップさせるために有効な食べ物は高タンパク質のものです。これには筋肉や内臓をつくって消費カロリーをアップさせるはたらきがあります。不足すると逆に痩せにくい身体になってしまうため、40代ではとくに意識して摂取したい栄養素です。

ただし、高カロリーでは逆に太ってしまうため、高タンパク質でも低脂肪なものを食べたいところです。鶏ならササミ、牛や豚ならヒレ、ほかにはサバやカツオなどが良いでしょう。

女性ホルモンを増やすためにはイソフラボンビタミンB6、C、Eなどが有効だと言われています。これらを多く含んでいるものはマグロ、サケ、アーモンドやナッツ、ウナギが挙げられます。

とくにこれら2つの要素を満たしたものが大豆です。納豆や豆腐、豆乳など副菜や飲み物のとして無理なく取り入れられる、まさに便利食材です。

40代は基礎代謝が大きくダウンしているほか、女性ホルモンのはたらきが弱くなることでさらに太りやすくなっています。

体型を維持するためには糖質やカロリーに気をつけるほか、これらの原因をケアする栄養をとる必要があるでしょう。そのような点で、大豆は40代の方にピッタリの食材です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。