定着率UP!成長したいなら、インプットではなくアウトプット学習がオススメ

定着率UP!成長したいなら、インプットではなくアウトプット学習がオススメ

「勉強はしているけれど、なかなか頭に残らない」と悩んでいる方はアウトプット学習を意識してみましょう。

テキストを読むだけのインプット学習だけではあまり効果がありません。

また、身に付かない原因が個人の能力にあるわけでもありません。

学習方法を変えるだけで、定着率がぐんとアップします。

実践に近い形でなければ身に付かない

学んだものは実際に活用できる形で定着させなければ意味がありません。資格勉強をしているなら実際に問題を解けなければ無駄になってしまいます。また、ビジネスに直接関係している知識を養っているなら、実践できなければただの頭でっかちになってしまいます。

このことから、参考書を読んで覚えるインプットだけを実施することは推奨されていません。実際に手を動かして問題を解決していくアウトプットを取り入れることが定着率アップの秘訣になります。

参考書を読むことが無駄というわけではない

よく、学習法だけ学んだような方が「インプット学習に意味はない」と言いますが、それは全くの間違いです。資格試験に受かるにも、ビジネスの場で活躍するにも、参考書に欠かれた内容が必要になるためです。あくまでも、知識を頭に溜め込む「だけ」では意味がないに過ぎません。

結局のところ、大切なことはインプットとアウトプットのバランスになります。そして、「一生懸命勉強しているのに全然身に付かない」と悩んでいる方の多くは参考書を読み込むだけで、この釣り合いが取れていないという傾向が見られます。

実践が難しいなら説明してみる

shutterstock_137400326「どのようにアウトプットすれば良いのか分からない」という方は多いでしょう。

資格勉強をしているなら問題を解けば良いところですが、たとえば重機の操作方法、危険物の取り扱いなどは気軽に実践できるものではないためです。

そこでおすすめの方法は、学んだ内容を説明してみることです。かならずしも他人に聞いてもらう必要はなく、また口頭でもプレゼンテーションでもOKです。

学んだ内容を1度咀嚼し、言葉や図などに出力することに意味があります。

上手に説明できなかった場合は、勉強が不十分だったということが分かります。

学んだ内容を実際に役立てるなら、いかにアウトプットするかが重要になります。「中々身に付かない」と悩んでいる方の多くはインプットだけに気を取られている傾向があります。これらのバランスを見直すだけで、効率がかなりアップするでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。