海外のMBAに必要な英語力は?

海外のMBAに必要な英語力は?

MBAを取得する時海外のスクールに通うなら、もちろん授業では英語必須になります。

中には入学時に試験を実施しているところも。

このことから「少し敷居が高そうだ」と抵抗感を覚える方がいます。

しかし、実際にはある程度の英語力で十分に対応できます。

UmassMBAならTOEICスコア700あれば十分

自分の実力を確かめる時にかならずチェックしておきたいものは、それぞれのスクールの募集要項です。「TOEICスコア○○以上」といった条件が書かれていることがあるため目安になります。例として、Umass(マサチューセッツ州立大学)MBAならTOEICのスコアが700あれば十分だとされています。

上記のように、もっとも目安として使われるテストがTOEICです。自信がないなら1度や2度だけではなく何度も受験して、スコアを稼いでおくと良いでしょう。余力があるなら、TOEFLやIELTS、GMATなどの各種テストも対策しておきたいところです。

スクールでは生きた英語の習得を忘れない

海外MBAで必要とされる語学力は上記のようにそこまで高くありません。ただし、これはあくまで入学時に必要な実力であって、その後の成長が期待されているという点は心に留めておきましょう。

ペーパーテストの点数が良くても実践で役に立たないことは十分にあり得ます。実際に、MBAスクールに通っている間に「苦労した」と話す卒業生はたくさんいます。入学前に高い点数を取っているならそれで満足せず、ビジネスの場でも活かせるよう努力していきましょう。

英語力が足りていないなら、計画を立てて偏りなく学習

個人差はあるものの、TOEICでスコアを100点伸ばすにはだいたい200〜300時間ほど必要になると言われています。

現状でまだ実力が達していない場合は、所要時間を計算した上で取り組んだほうが良いでしょう。

「勉強していれば何とかなるだろう」ではなく、計画性を持って取り組むこともビジネス上では大切です。

リスニングとリーディングの2種類がありますが、できるだけ偏らないように訓練していきましょう。

700点ぐらいならどちらかが不得意でも達成できます。

しかし、実際にビジネスの場で活かすとなると、苦手分野があると脚を引っ張ってしまいます。

そのため、テストにはないスピーキングやライティングについても訓練しておきたいところです。

海外MBAに入学する時の語学力はそこまでのレベルを要求されません。誰でも勉強すれば十分に達成できるでしょう。ただし、それだけで満足せず、ビジネスの場で使えるような生きた英語の習得を目指しましょう。

MBAではさまざまな知識や考え方を学べますが、それ以外に大切なものが学生間のネットワークです。 ビジネスの成長を加速させるには、このつながりは欠かせないものになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。