働きながらMBAを取得する方法

働きながらMBAを取得する方法

かつてはMBAを海外のスクールに通って取得することが普通でした。

しかし、最近のビジネス事情を考えるとそれは難しくなっています。

今では膨大なコストを掛けるよりも、通信制で安く手軽に取ることが当たり前になってきています。

コストと会社の理解に問題が出てくる海外MBA

海外スクールに通うことのリスクは主に2つあります。1つ目は経済的コストです。学費だけでなく生活費も掛かることから、国内で取るよりも平均2倍ほどの費用が掛かってしまいます。そして、もう1つは仕事です。1〜2年もの間海外で過ごさなければならず、退職を視野に入れる必要も出てきます。

どちらの問題も、会社から理解を得られれば費用を出す、一時休職とするなど特別に対応してもらえることが期待できます。しかし、そのためにはMBAを取ることのメリットを説得する必要があります。また、取得後の一定期間は退職しないという誓約書を書かされることがあるため、独立を視野に入れている方にとっては不都合です。

シフト勤務や多忙な方は国内スクールでも通いにくい

paku_klakkws_TP_V近年、国内にMBAスクールが増えてきています。

上記の海外MBAとくらべても費用が安い傾向が見られ、また気軽に通えるようになっています。

しかし、ビジネスパーソンの悩みを全てケアしてくれるわけではありません。

もっとも大きな問題は、授業のスケジュールがあらかじめ決まっていることです。これはシフト勤務の方や急な残業が多い方にとってかなり不利です。

結局上司に「この時間からスクールがありますので」と言わなければならず、会社からの理解を得る必要が出てきます。

通信制なら安くフレキシブルな時間で学べる

通信制は上記の悩みを全てケアしてくれる体制だと言えます。まず、費用がかなり格安です。海外で過ごすための生活費は必要なく、インターネット環境が整ったパソコンを準備すればOKです。また、対面で授業を受ける時と違って学校側が教室などのスペースを確保する必要がないため、全体の授業料がかなり安くなります。

そして、スケジューリングも非常にしやすくなります。これはeラーニングが充実している、講師が対応できる時間でさえあればいつでも授業を入れられるなどが要因です。また、後者については24時間対応であるところも少なくありません。

働きながらMBAを取るなら通信制がおすすめです。費用が安く、時間の都合も付けやすい点が魅力です。今まで「海外MBAに行く余裕はないな」と諦めてしまっていた方は、自宅でより簡単に勉強を始めてみましょう。

仕事で忙しい方は通信MBAを利用しましょう。 これは一般的にインターネットを利用したオンライン教育を指します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。