全日制MBAや夜間MBAには無い、通信MBAのメリット

全日制MBAや夜間MBAには無い、通信MBAのメリット

仕事で忙しい方は通信MBAを利用しましょう。

これは一般的にインターネットを利用したオンライン教育を指します。


全日制や夜間制は仕事や家庭とのバランスが取りにくい

通常のビジネススクールに通う場合、学位を習得するためには2年ほどの期間がかかります。

企業から派遣されて通っているのなら問題はありませんが、そうではない場合はこの期間会社をどうすれば良いのかが深刻です。退職や休職してしまうことはかえってハンディキャップを負うことになりかねません。

そこでまず提案されるものが夜間制のスクールです。これは名前のとおり夜に講義が開かれており、仕事の後に通えるというウリがあるものです。

しかし、実際に会社で働いている場合これすらも難しいことがほとんどです。残業や急な対応があることもたびたびで、会社からの理解を得られていなければ通い続けることが難しいためです。

また、家事や育児などもできず夜帰りが遅いとなると、家族からの了解も取りづらいことでしょう。

オンラインコミュニティが形成された通信MBA

オンラインコミュニティが形成された通信MBA「仕事が忙しい。それでも経営を学びたい」という方にオススメなものがインターネットを利用した通信MBAです。

インターネットを使って、自宅でカリキュラムに参加できるというものです。時間の自由がきき、働いている人でも学びやすいという魅力があります。

以前はディスカッションをはじめとする実践的な授業が多いためマッチしないのではないかという意見がありました。

しかし、最近ではインターネット上でも細やかな対応ができるよう、オンラインコミュニティを構築しているMBAが多く存在します。

通信MBAは比較的新しいもので、どのようなサービスを提供しているかはスクールによって異なります。
選ぶ際には値段や知名度だけでなく、その点も十分考慮して吟味した方が成功に近づけるでしょう。

さまざまなサービスが展開されたスクールをチョイスすることで、実際に対面して講義を受ける時と遜色のない成果が得られることでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。