仕事ができる人は靴も綺麗

仕事ができる人は靴も綺麗

靴が綺麗な人が全員仕事が出来るわけでは無いですが、出来る人はだいたい靴が綺麗です。

きちんと手入れがされています。

 

特に男性の場合ですが、髪型はキチンときまっていて、スーツもキチンとしているのに、靴がボロボロの方がたまにいらっしゃいます。

内勤であれば良いのかもしれませんが、営業等で人と会う職種の方は、靴の手入れはキチンとしたほうが良さそうです。


履いた後の靴のお手入れ

履いた後には、全体のホコリ、コバの部分(ソール側面)や縫い目部分に溜まっているホコリ等、柔らかいブラシで落としておきます。

また型崩れを防ぐためにも、シューキーパーを入れましょう。

靴は人間がかく汗のを大量に吸収(コップ1杯)しているので湿っています。そのため、毎日履くのでは無く1回履いたら3日程度休ませるのが良いでしょう。

靴をローテーションすることでグンと長持ちします。

月に1回程度のお手入れ

革はいきものと一緒で、栄養が必要です。

ずっと履いたまま栄養を補給しないと、ヒビ割れの原因になります。

月に1度は古いワックスを落として、栄養を補給してあげましょう。

まずは全体の汚れをブラシで落とします。

履いたら必ずブラシがけしている人は、そこまで念入りに行う必要はありません。

コバ部分などホコリが入り込んでしまう部分に留意しながら、ホコリを取っていきます。

靴についている油分を落とします。

靴に付いている油分を、靴クリーナーを使い落とします。

靴クリーナ−を少量、布にとってこすっていきます。

乳化クリームを全体にぬります。

乳化クリームを靴全体に塗ります。

乳化クリームで栄養と程よい艶を与えます。

蝋成分が入ったクリームで磨きます。

蝋成分が靴を光らせたり、水を弾いたりしてくれます。

ただしその分革の呼吸が出来なくなるので、ヒビ割れの原因になります。

そのため、光らせたいつま先とかかとに使用します。


靴の手入れがめんどくさい方は

最近は靴磨きを専門にするお店も増えてきました。大体1千円から2千円で栄養補給から磨きまで行ってくれます。

有楽町の交通会館前で靴磨きを行っている「千葉スペシャル」さんは有名で、いつも行列が出来ていますね。

1回10~15分で千円で、ピカピカに仕上げてくれます。効果は約3ヶ月持続し。メンテは水拭きだけでOKとのことです。

忙しいビジネスパーソンには嬉しいサービスですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。