男性上司と上手くやる方法。3つのコツで劇的に関係改善

男性上司と上手くやる方法。3つのコツで劇的に関係改善

「上司と上手に付き合えない」ということに悩む方はたくさんいます。

さまざまなタイプがいるものの、人付き合いのコツは共通している部分が多いようです。


何より相手のメンツを大切にする

どのようなタイプでも、上のポジションに立っている以上それなりのメンツがあります。円満な関係を築くためには、部下がそれを汚してはならないでしょう。

たとえば、すぐ感情的になって怒鳴るような人でも、それを理論武装して人前で言い負かすといったことはNGです。どうしても納得できないことがあるなら、2人きりのときに主張するようにしましょう。

ほかにも、仕事ができない上司を見下すといったことも好ましくありません。部下が働きやすい環境を提供してくれていると考えれば、むしろ優秀だと考えて良いかもしれません。

飲み会に誘って腹を割って話す

普段どうしてもギクシャクしてしまう相手に対しては、思い切っていっしょに飲みに行くことがおすすめです。「良い機会だ」と言って説教や自慢話を聞かされることもあるでしょうが、そこは聞くフリをしながら流しましょう。

いっしょに過ごしたというだけで多少親近感が湧くようになります。また、プライベートに関する話をすれば今まで見られなかった一面が見られるかもしれません。


合わない場合は自分から合わせていく

合わない場合は自分から合わせていくさまざまな対策を講じても「どうしても好きになれない」という上司は少なからずいるでしょう。しかし、そのような相手にたいして「どうにかしろ」と期待することは不毛です。

部下である以上こちらの立場が下ですから、言い合いになれば圧倒的に不利です。また、それなりの地位を築いている人は自分自身に自信を持っており、それをわざわざ変えようとは思わない人が多いでしょう。

「人付き合いも仕事だ」と割りきって付き合うことがベストです。けっして自分から嫌悪感を見せつけてはいけません。今以上にギクシャクしてしまいますし、業務にも支障をきたします。コミュニケーションが取れないことで「ビジネスパーソン失格」という烙印を押されるかもしれません。あくまで冷静さを失わず、常に笑顔で接することを心がけましょう。

どのような上司が相手でも、まずはメンツを汚さないことを第一に考えましょう。飲み会や趣味などプライベートをいっしょに過ごせば少しは仲良くなれるかもしれません。それでもどうしても無理だというときも、けっして嫌悪感を出さず、仕事と割りきって付き合うようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。