デキル人は身につけている! ビジネスパーソンのスキルアップ独学法

デキル人は身につけている! ビジネスパーソンのスキルアップ独学法

自由に使える時間が少ない会社員にとって、独学という行為はスキルアップ目指す上で欠かせないでしょう。

ですが独学は人と比較する機会が少ないために、効果を実感できずに挫折してしまうこともあるかもしれません。

今回は、スキルアップに成功した方々が行った独学法のポイントをまとめて紹介します。

疑問を持たないようにする

独学を行う際、知らないものや意味の分からない単語が出てくることでしょう。学習効果をより高めるためには、そうした疑問点を無くすことが大切です。ビジネス系の和製英語などの場合は、分かりやすい日本語に言い換えると覚えやすいですよ。

復習を習慣づける

人間は覚えた内容の56%を1時間で忘れ、24時間後には74%も忘れます。

大半を忘れてしまう前に、何度も本を読み返し知識を再度頭に入れることが大切なのです。また記憶を司る脳器官の海馬は何度も見聞きすることで「重要な情報」だと認識するようになるため、復習をづけることで、より良い独学に繋がります。

ちなみに効果的な復習のタイミングについて紹介します。

一度目の復習:学習した翌日
二度目の復習:一度目から1週間後
三度目の復習:二度目から2週間後
四度目の復習:三度目から1ヶ月後

以上のタイミングで復習することが理想的です。

ですが、この復習の対象は「復習を始める前にしっかりと覚えた知識など」です。一度目にどれだけ覚えられるかという部分も大切で、音読といった記憶方法を利用しても良いかもしれません。

ノートで知識や反省点を整理する

本やセミナーで学んだ知識を書き留めることも大切ですが、自身が仕事の中で気付いたことや失敗したことなどもメモしておくと良いかもしれません。

体験した後に自分が大事だと考えた点や反省点を洗い出して、解決すべく見合った本を再度読み直すことで習得する効率が高まることでしょう。

学んだことを実践する

デキル人は身につけている! ビジネスマンのスキルアップ独学法

学んだことを実際に仕事などで利用することも効果的です。本で学んだ基礎的なビジネススキルを実践することで、自身の体験から学んだ知識を考察することができます。

上の項目「ノートで知識や反省点を整理する」でも書いていますが、実際に使用した際の成功や失敗の体験をノートに記載して整理することも実用的です。

独学において何より大切にすべき点は、継続することです。

休日の時間を利用して一気にやろうとするのではなくて、仕事の合間に少しずつ取り組むようにするほうが高い効果を得られます。
今回紹介したポイントをしっかりと押さえて、実践することをお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。