苦手な女性上司と上手くやる方法。この3つを意識して接すればOK

苦手な女性上司と上手くやる方法。この3つを意識して接すればOK

近年、働く女性が急増しています。しかし、多くの方が悩むことが、彼女たちが上司だった場合、これは今も少ないケースです。

男性と違って考え方が違う部分があるため、接し方もそれに合わせる必要があります。


苦労や悩みが他人よりも多いことを知る

男女平等と言われる世の中ですが、それでもビジネスにおいてはまだまだ男性を中心に回っています。女性上司は影で何かと言われることが多く、トラブルや悩みを多く抱えてきたことでしょう。もしかしたら、現在も管理職のなかで弱い立場に置かれているかもしれません。

それでも実力でライバルと競い合って今のポジションに付いているということはかなりの努力が必要です。これは彼女たちと接する際にまず認識しなければならない部分で、意識してみると相手の見え方がかなり変わるはずです。

細やかな指摘は女性ならでは

細やかな指摘は女性ならではもしかしたら、苦手だという理由が「何かと小言を言ってくるから」ということかもしれません。それはたとえば、マナーや書類の誤字脱字といった細かなところです。とくにコミュニケーションを重視する性別だとも言われているため、前者は多いことでしょう。

しかし、これらは男性からではなかなか聞けない貴重なアドバイスです。これは男女で脳の作りが違う部分があり、結果として女性のほうが気遣いに長けているからだと言われています。

「そんな細かいことを」と思っても、このようなことは自分自身を成長させる大きな糧になります。そのため、できるだけ耳を傾けたほうが良いでしょう。


身体のつくりが違うことを意識する

男女で体力が異なることは当然のことですが、ビジネスの場では「男女平等」と言葉を振りかざして無理をさせることが多いようです。ハラスメントが絶えないところでは肉体労働を無理にさせようとして拒否されたら「これだから女は」と心ない言葉で非難することもあるようです。

このようなケースでは、部下がしっかりとフォローしましょう。その際もけっして偉そうに振る舞うのではなく、むしろ「いつでも言ってください」というぐらいの気構えでいたほうが紳士的です。

ほかにも、生理のときはイライラしやすくなるため、いっしょになって感情的にならず冷静でいることも重要です。何かと体調を崩しやすいため、気づかいを忘れず心がけましょう。
女性上司はいつもとは異なる接し方が必要になります。勝手が違うため苦手だと感じる方が多いですが、自分のスキルをさらに向上させてくれる良き指導者ですから、円滑な関係を維持していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。