USCPAの学習で独学をおすすめしない理由

USCPAの学習で独学をおすすめしない理由

USCPAは予備校や通信講座を利用しましょう。

独学でも学べますが、効率の面で大きな違いが現れるようです。

独学のメリットはコストパフォーマンスだけ

USCPAの教材は書店やネット通販で購入できます。数千円で買えるため、予備校や通信講座を利用するよりずっとリーズナブルです。

しかし、反対を言えばメリットはそれだけです。

プロの講師のもとで指導を受けることで、コストに見合った利点が得られるでしょう。

効率の面で大きな差がでる 予備校を利用するメリット

本当に重要なポイントを集中的に学習できる

USCPAは合格までの勉強時間がだいたい1,000時間と言われており、かなりの期間が必要です。

それだけ出題範囲も広いため、自力ではどうしても学習内容にムラが生じてしまいます。一生懸命学習した場所が試験でほとんど出なかったということも。

一方で、プロの指導を受けることで頻出問題や重要箇所を集中的に学べます。合格率がアップするだけでなく、時間という面でも大きな節約になるでしょう。

事務手続きの面でサポートしてもらえる

事務手続きの面でサポートしてもらえるUSCPAは米国で運営しているものです。

受験資格の有無や申し込みといった手続きは日本とは勝手が違う部分もあるため、意外と面倒なものです。手続きを間違えて受験できなくなってしまうことも考えられます。

プロの指導を受けることで、それらを分かりやすく説明してくれます。的確なアドバイスを受けられるため、勉強以外でムダに時間やストレスに悩まされることがなくなるでしょう。

大学の追加単位が得られる

受験する場所によりますが、大学で会計に関する単位を取得していなければならないことがあります。

予備校や通信講座では提携している大学から会計単位を習得できる制度があります。独学の場合ではこのサービスが得られないため、大きなアドバンテージになるでしょう。
独学での勉強はお金の節約以上のメリットがありません。

より効率的に勉強し、申し込みもスムーズに行っていくためには、プロの元で指導を受けた方がオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。