音楽で作業効率UP! 曲の選び方のポイントは?

音楽で作業効率UP! 曲の選び方のポイントは?

音楽は、脳にさまざまな作用を与えてくれます。時には仕事効率をアップさせてくれることもあります。

ですが音楽によっては仕事の効率に対して、プラスに働く曲もマイナスに働く曲もあるため、どんな音楽を選ぶかがポイントになってきます。

今回は音楽と作業効率の関わりについてまとめました。

音楽で作業効率アップ

音楽というのは、脳に刺激を与え活性化させたり、脳に安らぎを与えたり脳の疲れ・ストレスを解消したりしてくれます。

そのため、日常生活に音楽を取り入れることで作業効率をアップさせることもできるのです。
現在は仕事の効率を上げるべく、職場やオフィスで積極的に音楽やBGMを流しているところも増えてきています。

頭を使う作業に効果的な音楽

書類作成や資料の読解など頭を使う作業をしている際には、歌詞のない聴き流せる音楽がおすすめです。例えば、演奏曲や環境音楽・フィーリング音楽などです。こうした音楽は頭を使う作業で疲れた頭をリラックスさせながら程よく刺激し、作業効率をアップしてくれます。

一方で、頭を使う作業時に歌詞のある音楽などを聴いてしまうと、注意力が分散し逆に作業効率を落としてしまうケースもあります。

ルーチンワークに効果的な音楽

同じことを繰り返すルーチンワーク的な作業、いつもやっていて慣れている雑用作業などを行っている場合には、アップテンポのやや激しい音楽がおすすめです。アップテンポの音楽は脳を高揚させ、やる気やモチベーションをアップさせる効果があります。また作業効率を上げるだけではなく、眠気覚ましにも効果があるとされています。

一方で、ルーチンワーク時に穏やかでゆったりとした音楽を聴くのは避けたほうが良いでしょう。ぼんやりとしている脳に拍車を掛けることになりますので、ストレスを覚えやすくなります。

休憩中に効果的な音楽

休憩中や頭を休めたい時に効果的な音楽は、ずばりクラシック音楽です。

クラシック音楽は人間の身体を安らげるためにベストな波長を出しており、短い休憩時間でも身体をしっかりとリラックスさせることができます。クラシックの中でも特にモーツァルトの曲はリラックス効果が高く、休憩時には相応しい音楽です。

オールマイティに使える音楽

shutterstock_258780476最後に、さまざまな状況でオールマイティに使えるのは何よりも自分の好きな音楽です。

自分が昔から愛着を持っている慣れ親しんだ音楽というのは、過去の記憶などと結びつけ脳を一気に活性化させてくれます。

たとえ頭を使う作業やルーチンワークでも、また休憩中であっても作業効率アップにつなげることができるのです。

このように音楽には、脳に作用し作業効率をアップさせる力があります。

オフィスワークはもちろん、運転や家事など日常生活の作業効率アップにも使えますので、ぜひ積極的に活用してみてはいかがでしょうか

PCアプリを使いこなして業務を効率化させましょう。 とくにWindowsはデフォルトで備わっているものの使い勝手があまり良いとは言えません。 信頼できるフリーソフトを導

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。