えっ!知らなかった・・・。乳がんは男性もなる病気だった。

えっ!知らなかった・・・。乳がんは男性もなる病気だった。

ビジネスパーソンが気をつけたい病気に睡眠障害やうつ、痛風などがありますが、あまり知られていないものが乳がんです。

まれに男性でも起こりうる病気

乳がんは女性に多く見られる病気で、男性の割合は1%ほどだと言われています。

しかし、少ないからこそ「そんなわけがない」と思って発見が遅れ、治療が遅れてしまうケースがあります。近年、患者数が少しずつ増加しており、とくに40代後半〜50代前半に多いと言われています。

メタボ男性は発症の可能性が高くなる

メタボ男性は発症の可能性が高くなる男性がを気をつけなければならない理由が、メタボリックと関係があるという見解が広がりつつあるためです。運動不足や肥満、それ以外にも喫煙や飲酒、夜間勤務などがリスク因子として考えられています。

生活習慣病が社会問題になっている今日では、高血圧や狭心症といっしょに乳がんも発症するかもしれません。頻繁に外食や飲み会を繰り返しているビジネスパーソンは、日々の生活を見直す必要があります。

女性化乳房の人も注意

女性化乳房は男性の乳腺組織が増え、異性のように乳が大きくなってしまうものです。年齢はとくに関係なく、肥満体型の方に起こりやすいと言われています。まれに、このような症状に乳がんが紛れていることが考えられるため、心当たりがある方はすぐに医療機関を受診したほうが良いでしょう。

家族でかかったことがある方も注意

近年、BRCA2と呼ばれる遺伝子が発生に関わっていることが明らかになりました。このDNAを持っている方は男女関わらず発症の可能性が高くなると言われています。

そのため、過去に家族の誰かが治療を受けたことがある場合は症状がないかをよく確認するようにしましょう。

初期状態のうちに病院で治療してもらう

予防するためには予兆を察知することが重要です。たとえば、以下のようなものが「あれ?」と思った時点ですぐに病院に行きましょう。治療や手術の内容は女性とほぼ変わりません。

・しこり
・皮膚のひきつれ、変化
・異常な分泌物
・乳首のびらん形の変化

ビジネスパーソンが気をつけたい意外な病気として乳がんがあります。性別に関係なく起こることがあり、とくにメタボリックの方は発症率が高くなります。

治療が遅れると死にいたることも考えられるため、生活習慣をあらためると同時に、何か違和感があったらすぐに病院で相談するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。