スムーズな転職活動で、後悔しない転職エージェントを選ぶ4つの方法

スムーズな転職活動で、後悔しない転職エージェントを選ぶ4つの方法

キャリアチェンジするときは転職エージェントを活用しましょう。

目的に合わせてサービスを選べば、大きな味方になってくれるでしょう。

無料で使える人材紹介

転職エージェントはおおまかには人材を紹介するサービスのことを指します。各人のキャリアプランや職歴などから、希望に合わせた転職先を紹介してくれます。実は、このようなサービスはほとんどが無料で使えます。これは採用する企業側が料金を支払っているためです。

メリットは手間が省けて、非公開求人に応募できること

エージェントに依頼すれば仕事探しやスケジュール調整などを自分でおこなう必要がありません。履歴書や職務経歴書などの各書類も使い回しできるため、転職の手間がかなり省けます。

また、会社によっては非公開の求人を持っていることがあります。能力や実績があれば一般掲載されているものとは比べ物にならない好条件な仕事にもチャレンジできるかもしれません。

デメリットは幅が決められてしまうこと

たとえば、サービスを使って中小企業から世界レベルの大企業にキャリアチェンジすることはほぼ不可能です。これは学歴や社歴から「採用しそうにない」と判断されて早々にフィルタをかけられてしまうためです。

このように、経歴によって応募できる企業がかなり限定されてしまう点がデメリットです。また、エージェントの売上は紹介した人材の年収に依存します。そのため、紹介してもらえる企業がやりたいことよりも数値の大きさを重視されることがあります。

スムーズな転職活動をおこなうための2つの選び方

スムーズな転職活動をおこなうための2つの選び方それぞれのサービスが抱えている求人が違うため、どこをチョイスするかでキャリアチェンジの成功率が変わります。以下のような要素を参考に、自分に合ったところに依頼しましょう。

まずは大手に登録する

有名なところはそれだけたくさんの求人が集まる傾向があります。さまざまな業界や職種を扱っているため、方向性が決まっていないならまず登録したいところです。

それ以外にも、より多くのビジネスパーソンを相手していることでスタッフのレベルが高いことも期待できます。キャリアや選考など、さまざまなことを相談してみると適切なアドバイスがもらえるでしょう。

大手で満足できなかったら特化型へ

だいたいのエージェントはそれぞれ得意分野を持っています。たとえば、IT系が得意、エンジニアを募集している、第二新卒を対象としているなどが挙げられます。成功の秘訣はそれぞれの専門を知り、自分に合ったところをチョイスすることです。

そのためにも、まずは「どのようなキャリアを歩みたいか」という方向性を知ることが大切です。それが分からないうちは、大手でリサーチや選考を繰り返すことが良いでしょう。

後悔しないために、エージェントとの2つの接し方

人材紹介はけっして慈善事業ではなく、ビジネスとしておこなっているものです。そのため、相手にも思惑があり、それに誘導しようという動きが見られます。以下のような面に気をつけて上手に利用していきましょう。

自分の意思をしっかりと持つ

あくまでも意思決定は自分だということはしっかりと認識しておきましょう。質が悪いところでは年収の高いところしか紹介してもらえない、内定が獲得した瞬間「そこに入れ」と急かしてくるなどがあります。

これらは売上を考えれば仕方がないことですが、顧客がそれに付き合う必要はありません。「じっくり考えたい」とキッパリ告げて、後悔がない選択を心がけましょう。

異業種への転職は期待しない

エージェントでは採用率を高めたいため、経歴をもとに求人を紹介します。そのため、「今とまったく異なる仕事をしたい」と告げても提供してくれないことが多くなります。異業種へ転職したい場合は自分で探すことも検討したほうが良いかもしれません。

エージェントはキャリアチェンジするならぜひとも活用したいサービスです。ただし、相手のビジネスとしておこなっており、相応の思惑があります。それに流されず、自分の意思をしっかりと持つことで後悔がなく転職できるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。