明日から実践できる!出来るビジネスパーソンはここが違う!男の服装編 3つのポイント

明日から実践できる!出来るビジネスパーソンはここが違う!男の服装編 3つのポイント

一流のビジネスパーソンは服装にも気をつかいます。

とくに以下の3点は見逃しがちです。

どれも細かな部分ですが、これらをマスターしてさり気なくできる人だということをアピールしていきましょう。

革製品は色を統一する

ベルトや靴、時計などは「値段が高いほうが良い」と勘違いされがちです。しかし、実際のところは高級感よりも統一感の方が大事だと言われています。そのため、革製品はすべて色を統一しましょう。

最近ではワンタッチで革ベルトを交換できる腕時計も販売されているため、「何万円もするものをいくつも買えない」という方にはおすすめです。

ネクタイにディンプルをつける

ネクタイにディンプルをつけるネクタイを結ぶとき、結び目には自然とくぼみができます。これは「ディンプル」と呼ばれるもので、布地をより立体的に見せるお洒落ポイントです。

ディンプルで明るい場を作る

ネクタイのくぼみは、笑顔のときにできる「えくぼ」に見立てられることが多いようです。そのため、普段着やおめでたい席ではディンプルを作るが、弔事や謝罪の場では作らないというセオリーがあります。ただし、ナロータイプなど幅が細いものはなくても問題ありません。

つけるコツは大胆に作ること

くぼみをつけるときは、「少しだけつけておこう」という感覚ではなく、大胆に生地を折って作ってしまいましょう。小さなディンプルだと時間が経つとすぐに崩れてしまうためです。1つだけ大きくつけることが主流ですが、幅が大きい製品を使っているなら2作っても良いでしょう。

クールビズは相手に不快感を与えないことを第一

クールビズにおいて気をつけることは男女でそれぞれ変わります。しかし、どちらの場合も周りの人が不愉快に感じさせないことが大前提となっています。

男性はいつもと違うシャツを着る

男性が気をつけたいことは、ただ上を脱げば良いわけではないことです。ごく普通のシャツでは、ネクタイを外すと飲み会帰りのようなだらしがないイメージを与えてしまうためです。

ボタンダウンシャツ、白襟がついたクレリックシャツなど、襟が普通よりもしっかりとしているものが適しています。真っ白よりも薄いブルーやイエロー、ミントグリーンなど爽やかな色がついているとなお良いでしょう。

ローカルルールに騙されない

職場によってはポロシャツやチノパン、ジーンズなどの可否が変わります。そのため、「ウチでは大丈夫だった」と思って外に出かけると失敗してしまうかもしれません。「どちらか分からない」と迷うものは控えたほうが良いでしょう。

服装がしっかりしているビジネスパーソンは仕事もできるというイメージも得られます。細かな部分までしっかりと意識し、さり気なく上司や取引先にアピールしていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。