今さら人に聞けない!コーチングとは

 今さら人に聞けない!コーチングとは

管理職になると、突然上司から「部下のコーチングを頼む」という指示が来るかもしれません。

これはコミュニケーション法の一種ですが、ただの業務指示やヒアリングなどとくらべると、目的や方法に大きな違いが見られます。


コーチングとは自発的な成長を促すためのもの

「コーチ」とは元々馬車を指す言葉です。人やものを目的地に届けるものですから、そこから転じて相手の目標達成を手助けする人のことを指すようになりました。

コーチングに似た言葉として、「ティーチング」というものがあります。この語源は英語の「Teach(教える)」です。どちらも相手の目標達成を目的としていますが、そのアプローチで大きく違いがあります。

ティーチングは言葉のとおり、「教える」という手段を取ります。

手っ取り早い方法ではありますが、一方的に指示を出すだけになります。相手は言われたままに行動するだけですので、あくまでも受動的で大きな成長が期待できません。

一方で、コーチングは「質問する」という手段を取ります。この意図は、相手が自ら考えて目標を達成させることで、大きな自信と成長を促すことにあります。このようなコミュニケーションスタイルを共生型と呼びます。

上司が部下に行うコーチング

コーチングはコンサルなどと同じように、資格を持ったプロフェッショナルが代金を受け取って行います。しかし、ビジネスにおいては上司が部下にたいして行うこともあります。

上記のように自信と成長を促す他、情報の共有や方向性の確認などを目的とすることが多くなります。つまり、今自分がどのような役割を持っているのか、何をしなければならないのかなどを部下に考えさせて、高いモチベーションを確保することです。


コーチに求められる3つの人物像

コーチングは誰でもできる訳ではありません。能力や立場などが適していないと、ただ話を聞くだけで終わってしまうこともあるでしょう。以下は、特に重要とされている3つの条件です。

経営層に信頼されている

会社に利益をもたらすようにコーチングしなければ意味がありません。そのためにも、企業の理念をしっかりと把握し、適切に相手を誘導してあげる必要があります。

部下に信頼されている

コーチングはお互いに主張を出し合える共生型のコミュニケーションである必要があります。たとえば、部下の意見を聞かずいつも檄を飛ばすような方では、意見を聞き出すことなどできません。

我慢強い

コーチングする上でのNGは、サポートを放棄したり、むりやり結論付けたりすることです。説教などはもっての他です。思ったようにコミュニケーションが進まなくても、じっくりと取り組むことが重要になります。

コーチングとは相手に考えさせることで、自発的に成長させることを目的としています。ビジネスにおいても、部下にたいして行うことがあるでしょう。

しかし、単に説教したり指示を出したりするよりも高いスキルを要求されます。何のために行うのかをしっかり理解して、慎重にコミュニケーションを進める必要があります。

 

コーチングとは相手に考えさせることで、自発的に成長させることを目的としています。ビジネスにおいても、部下にたいして行うことがあるでしょう。

しかし、単に説教したり指示を出したりするよりも高いスキルを要求されます。何のために行うのかをしっかり理解して、慎重にコミュニケーションを進める必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。