仕事がデキる人がモテる理由。だからアノ人はモテるのか。

仕事がデキる人がモテる理由。だからアノ人はモテるのか。

「モテたい」と言っているうちに恋人はできません。モテる人ほど仕事に熱中し、そのなかで成果を上げています。

異性もそのようなバリバリ働いているビジネスパーソンに夢中になっています。

コミュニケーションやバイタリティなどの恋愛スキルが豊富

ビジネスパーソンは恋愛に必要とするスキルを多く持っています。たとえば、異性の気を引くためにはコミュニケーション能力が必要不可欠ですし、そのなかで腹のうちを探りあうような駆け引きを繰り広げることもあるでしょう。

また、バイタリティは重要な要素です。気に入った相手にアプローチしたり、綿密な計画を立ててデートに誘ったりなどはかなり大変だからです。万が一フラれたときもけっしてめげずに次の相手を探していかなければなりません。

どんな業務も積極的にチャレンジしていくような人なら、このようなこともエネルギッシュにこなしていくでしょう。

イメージが良く魅力的に見える

「仕事がデキる」ということについて悪いイメージを持たれることはほとんどありません。「頭が良くて何でもスマートにこなす」「格好良い」「頼れる」といったポジティブな印象がほとんどでしょう。そのため、ビジネスパーソンとしての能力はそのまま恋愛においてもダイレクトにプラスの評価までつながります。

また、1つのことに打ち込んでいる姿は異性の目にも好意的に映るものです。「仕事一筋で生きている」という人と「中途半端に働いている」という人なら、たとえ恋愛なんてそっちのけでも前者のほうが圧倒的に好感度も高いはずです。

自信があってそれに見合った実力を持っている

モテるためには性格が重要です。デキる人はつねに「自分なら大丈夫」と自信に満ちあふれており、それがポジティブな印象として相手にも伝わっています。また、余裕があるため周りにたいしても優しく接せます。自信があってそれに見合った実力を持っている

「自分なんて」と卑屈になっている方は、相手にも「あなたなんて」とネガティブな想いが伝わっているかもしれません。陰口や嫌味を言うようなら余計に好感度がダウンするでしょう。

また、裏付けとなる実力があるということも大きなポイントです。「仕事はできないけど自信たっぷり」という方なら異性から見ても「本当に大丈夫かな」と不審に思ってしまうでしょう。

経済的に安定している

バリバリ働いているビジネスパーソンほど給料が高く、将来の出世も期待できます。お金がある方が将来の不安がなく、贅沢な思いができるのですからモテるのは当然でしょう。

デキるビジネスパーソンはモテます。「長く恋愛をしていない」「結婚していなくて将来が不安だ」という方でも、まずは業務に夢中になってみましょう。忘れたころに、異性の注目の的になっているかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。