同僚や部下から好感を持たれる「共感力」の4つの秘訣とは?

同僚や部下から好感を持たれる「共感力」の4つの秘訣とは?

親しみの感情というものは人間関係においては必須ですが、仕事上では軽視されがちな面もあります。

しかし相手に共感することは、ビジネス上で欠かせない要素。

相手の気持ちや意見を肯定し寄り添う姿勢というのは、相手に信頼感や安心感を与えるものです。

共感力を高めることが「話をきちんと聞いてくれる人」「信頼できる人」という印象につながるため、リーダーシップを取る上で必須のスキルといえるでしょう。

本日は共感力を身につけるための4つの秘訣について紹介します。


相手の話を繰り返す「バックトラッキング」を活用

相手の話をいわゆるオウム返しで繰り返すことを「バックトラッキング」と呼びます。
カウンセラーの技法としても使われるこのスキルは、共感力を磨くための基本といえます。

「最近、忙しい日が続いてほとんど眠れていなくて……」
という言葉に対して、「そうですか」という返事をするのではなく、
「眠れない日が続いてしまうのは辛いですよね」と返すことで、親近感を持ってもらいやすくなります。

ポイントは、ただ闇雲に相手が言ったことを繰り返すのではなく、相手の思いや感想を汲み取っていくことが大切です。相手の内容を要約したり別の言葉で表現することも効果的です。

「聞き役」に重点を置く

共感力を高めるために、意識して聞き役に徹するように心がけてみましょう。

1対1での会話の時は、「聞く」を8割、「話す」を2割にするという8:2の割合が聞き上手と言われています。日常的な会話を思い返し、もし「話す」の割合が高いと感じてしまったら、共感力を高めるためにも「聞く」の割合を増やすように意識しましょう。

相手の価値観を壊さない

自分の考えだけに凝り固まってしまうことは、可能性を狭めることにつながります。自分の価値観だけで考えるのではなく、相手の価値観にも目を向けることで、モノの見え方も変わってきます。

同僚や部下に対して意見を述べる時は、相手の価値観を壊さないことを意識しましょう。意見の違う相手に対しても苦手意識を持たず、相手の意見を尊重することが肝心です。

会話の内容以外にも目を向ける

会話の内容だけではなく、相手のしぐさや声色、姿勢や動きなどにも注目してみましょう。

相手の主張の裏側にあるものを汲み取った上で共感することで、相手は「心が通じた」と感じることができます。話の内容だけではなく、相手を見るということも忘れてはなりません。

「共感力」を高めて、チームワークの強化を

shutterstock_458938114ビジネスの現場には、さまざまな考え方や方針を持つ人がいます。

意見を衝突させるのではなく、相手を理解し共感しようという姿勢が、チームワークやリーダーシップに欠かせません。同僚や部下の心を掴んで「共感力」を養い、組織の連携をより一層強化していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。