ビジネスを円滑に進めるためのノンバーバルコミュニケーションとは?

ビジネスを円滑に進めるためのノンバーバルコミュニケーションとは?

コミュニケーションの基本といえばやはり「会話」というのは大切な要素です。

しかし、ビジネスの上では「言葉を使わないコミュニケーション」も実は重要視されています。

相手と信頼関係を結ぶためのカギとなる、ノンバーバル(非言語)コミュニケーションといわれるものです。

今回は、ノンバーバルコミュニケーションに関する情報をお届けします。

ノンバーバルコミュニケーションとは?

コミュニケーションを取って他人を判断する上で、会話が重視される率というのはわずか7%程度に過ぎないといいます。
相手の第一印象というのは、実は会話以外の部分で9割以上が決まってしまうもの。

ビジネスを円滑に進めるためにも、言葉以外の要素で相手に良い印象を与える技術はとても効果的なのです。
ノンバーバルコミュニケーションには、言葉を補完し雰囲気を和らげ、相手との信頼関係を築く効果もあります。

相手の五感に働きかけるノンバーバルコミュニケーションは、ぜひとも意識的に活用したいものです。

ノンバーバルコミュニケーションの例

ノンバーバルコミュニケーションのポイントは、五感をフル活用するということ。その中でも特に重要なのは視覚的な要因で、たとえば表情や視線、まばたきや顔色などが挙げられます。

体の動きや身振り、姿勢やしぐさ、髪や肌、化粧や洋服といったスタイルの部分も重要です。
相手の香りや握手などの触覚的要素、呼吸音や笑い声、相手との距離感といった空間やパーソナルスペースもノンバーバルコミュニケーションの一例です。

さらに画像や映像というのも、非言語コミュニケーションに大きく関わってくる要素といえます。

ノンバーバルコミュニケーションの効果とは

たとえばプレゼンテーションでジェスチャーを使ったり、表情をつけたりしながら画像や映像を展開するパターンは多いと思います。

こうすることによって、ただ言葉で説明をするよりも相手に強く働きかけることができるのです。
また笑顔や相槌を打つしぐさ、清潔感のあるスタイルなども、話しやすい雰囲気作りに有効です。shutterstock_142034836

ノンバーバルコミュニケーションというのは、前述した通り言葉以外で意思の疎通を図るということです。

ノンバーバルコミュニケーションを活用することは、円滑に業務を進めたり信頼関係を強めたりする上で大変重要なのです。

相手とコミュニケーションを図る上では、ぜひ言語以外の部分を意識してみましょう。

相手の感覚に働きかけるような効果的なノンバーバルコミュニケーションを活用し、ビジネスの円滑化を図りたいものです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。