ビジネスでの成果を上げる! 「情報収集」編

ビジネスでの成果を上げる! 「情報収集」編

ビジネスシーンで商品を売り出すためには、「情報」が必要不可欠です。

商品を売り出す情報を持っているのか持っていないのか、必要な情報を得られるのか得られないはビジネスの成功を左右するものです。情報収集の能力を持っていることが優れたビジネスマンの証だといっても過言ではありません。

今回は情報収集で役立つ方法と注意点についてまとめました。


情報を収集するということとは

情報という言葉はとても曖昧で、なかには何でもかんでも関連するワードを集めて「情報量ではナンバーワン!」と満足げにするビジネスマンも少なくはありません。

確かに情報量が多ければ、物知りだと誇らしげにすることはできるかもしれません。ただ必要以上の情報量をストックしてしまうと、情報処理のスピードと質が低下して、むしろビジネスの効率を悪化させてしまいます。

優れたビジネスマンに要求されるのは、情報と知識の違いをきちんと区別し、必要な情報だけを選別し、必要な判断を下す「情報収集力」です

情報収集の視点となる7つのポイント

情報収集の視点となる7つのポイントビジネスにおける情報は、なんでもかんでも集めればいいという訳ではありません。商品を他と差をつけて売り出すために、どんな情報が必要であるのかを知るために、まずは情報収集の目的を考えてみましょう。

自ずと何にターゲットを絞っていけばいいのか、「情報」と「知識」の違いが見えてくるはずです。

わかりやすく言えば、ビジネスの世界でいう情報と知識の違いは、次のとおりです。

「情報」…商品を売り出すために必要なもの               

「知識」…商品の価値を左右しないもの

この二つの違いをしっかり理解したら、次の7つのポイントに従って必要な情報を集めていきましょう。

  1. WHY ⇒ 誰のため?・何のため?
  2. WHAT ⇒ 何を?
  3. WHERE ⇒ どこから?
  4. WHO ⇒ 誰が?
  5. WHEN ⇒ いつ?
  6. HOW TO ⇒ どうやって?
  7. HOW MANY ⇒ どのくらい?

情報量の6割で判断をする実力を身につけましょう。

情報収集を成功させるために大事なのは、商品を売り出すための情報として何が求められているかを自分の中でしっかり定義することです。

ここが曖昧になってしまうと「もしかしたら、足りないかもしれない」という不安が生じてしまいます。人は不足が無いようにと何でもかんでも情報を集めようと考えてしまいがちです。ですが、そのために無駄な「知識」までを収集してしまうのです。

そうすると情報収集に時間と負担がかかるだけでなく、集まった膨大な情報量を前にして、「いったいこれを、どうすればいいんだ?」と途方に暮れることに…。

これではいけませんよね。

これを防ぐためにも、しっかりと情報を選別する目を持ちましょう。そして集めた情報の6割を見て、ビジネスに必要な判断することが大事です。

いくら厳選した情報であっても、全てに目を通して精査をしていれば判断に時間がかかってしまいます。せっかくのチャンスを逃がしてしまうことにつながりかねません。

ビジネスの世界において、「時は金」なりです!

情報が6割集まった時点で必要な判断をして次のアクションをおこしていかないと、市場の変化についていけず、集めた情報自体が無駄になってしまいます。

情報を選別する目と情報量の6割を見て判断をする決断力を身に着けて、情報収集力を向上させていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。