プレゼンがうまくいかない。出来る人が実践している3つの解決策

プレゼンがうまくいかない。出来る人が実践している3つの解決策

出来るビジネスパーソンはプレゼンが巧みです。

商談を成功させたり、上司を納得させたりするためによく用いられる手段ですから、かならずマスターしておきたいものです。


簡潔な資料で必要な情報だけを伝える

プレゼンは情報を簡潔に伝えることが重要です。資料作成が下手な人にありがちなことは、細かい説明を小さな文字で延々と書き続けてしまうことです。聞き手はそれらをすべて読むことに必死になって話を聞けず、結局何を伝えたかったのかが不明瞭なまま終わってしまいます。

必要な内容をすべて盛り込みながら、いかに少ない文章でまとめるかが資料を作る上での最重要ポイントになります。情報の取捨選択をしっかりとおこない、「話したいこと」ではなく「話すべきこと」を盛り込むようにしましょう。

簡潔という理由から、過度なアニメーションもNGです。画面が動くというだけで見ている人は脳を使います。無駄な労力をかけさせないよう極力控えて、「どうしても使わなければ説明が上手くいかない」というところだけに使うようにしましょう。

重要な情報を強調する話し方を身につける

人前で話すときに普段通りに話してはいけません。1度のスピーチで相手に情報をしっかりと伝えるためには、いつもよりも少し大げさに、メリハリをつけて話したほうが効果的です。

たとえば、気をつけるべき要素は声のスピードや間、強弱、ほかにも表情や姿勢、ボディランゲージなどがあるでしょう。たとえば、メインとなる主張を伝えるときはゆっくり大きな声で話す一方で、補足説明にあたる部分は少し早めに流すように話すと、相手にはメイントピックが強く印象に残ります。

また、セリフの合間に「あー」「えー」や語尾に「でしてー」などという言葉の癖は、聞いていてストレスを感じてしまうことがあるため気をつけましょう。独りで話し続けるという性質上、プレゼンはとくにこのような悪癖が耳につきやすくなります。


プレゼンが上手な人ほど準備に時間をかける

プレゼンが上手な人ほど準備に時間をかける

普段「上手いな」と思っている人でもぶっつけ本番でやればそれほど上手ではありません。それだけ出来るビジネスパーソンほど準備に時間をかけているということです。

どのような発表でも資料にあわせてセリフを読み上げることは必須でしょう。規模よっては録音や録画をして動きを確認することもあります。

出来るビジネスパーソンになるためにはプレゼンは必須の技術です。資料作成やコミュニケーションなどさまざまな要素を含んでいるため、自分の苦手なところを分析して1つずつ改善していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。