教育訓練給付制度を利用して資格取得

教育訓練給付制度を利用して資格取得

「資格を取りたいけど予算が厳しい」
「会社が費用を負担してくれない」
「急に仕事を辞めてしまって先行きが不安だ」

そのようなときは教育訓練給付制度を利用しましょう。
スクールや通信講座でこの制度を取り入れているところがたくさんあり、通常よりも安い価格でコースを受講できるようになっています。

指定のコースを受けるとハローワークから一部費用が支給される

これは労働者もしくは離職者が、厚生労働大臣が指定する講座を受けて修了すると、その費用の一部をハローワークが支給してくれるというものです。このときの額は受講費の20%、最大10万円までのようです。なお、修了する前までは自分で負担する必要があります。

最近ではたくさんのスクールや通信講座でこの制度を取り入れており、安く資格をゲットできるようになっています。情報や事務、販売、免許などさまざまなカテゴリーをカバーしているため、「今持っている技術をさらに鍛えたい」という方でも「別のスキルを養ってキャリアに幅を持たせたい」という方でもピッタリのものが見つかるでしょう。

一定期間以上、雇用保険に入っていることが条件

一定期間以上、雇用保険に入っていることが条件教育訓練給付制度は誰でもすぐに受けられるというわけではありません。ポピュラーである一般教育訓練給付を初めて利用する場合、雇用保険の一般被保険者だった期間が通算で1年以上であることが条件となります。2度目以降はこの数値が3年以上になり、前回の受給からもある程度の期間が必要になります。

また、仕事を辞めてしまうと一般被保険者ではなくなりますが、退職後1年以内なら申し込みOKとなります。「急に辞めてしまったけど、転職するために資格を取りたい」という方でも受けられるでしょう。

ほかにも、雇用保険の被保険者だった期間が10年以上だった場合に専門実践教育訓練給付の申請ができるようになります。しかしこちらは条件が厳しいため、スクールや通信講座で取り入れられているものは上記だけがほとんどのようです。

詳細はハローワークや公式ホームページでチェック

実際にどのようなコースが対象になっているのかということについては、ハローワークにて一覧表が掲載されています。それ以外にも、インターネット上にある「教育訓練講座検索システム」でも確認できます。

具体的な申請方法や適切なコースの選び方に関するガイドラインなどさまざまな情報が載っているため、プランを立てるときにはかならず一通り目をとおしておきましょう。

スクールや通信講座に申し込むときは教育訓練給付制度を取り入れているところが良いでしょう。条件を満たしていれば少し安く資格を取れるようになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。