ビジネスパーソンがスキマ時間にできる趣味まとめ(アウトドア編)

ビジネスパーソンがスキマ時間にできる趣味まとめ(アウトドア編)

趣味とは、けっしてただ遊んで息抜きするだけのものではありません。

その人の人間性に深みを出し、より魅力的な人物へと成長させるものです。

しかし、仕事で忙しいビジネスパーソンはなかなか時間が取れないことも確かです。

夜や土日など、ちょっとしたスキマ時間でもできる趣味を見付けて楽しみましょう。

少ないコストで始められる趣味

「趣味にお金を掛けたくない」という方は多いはず。以下の2つは数ある趣味の中でもお金が掛からないことで評判です。どちらも数千円のランニングコストで始められます。

ジョギング、ランニング

ジョギングやランニングは、もっともコストが掛からない趣味の1つです。かならずお金を出しておきたいものはシューズ。足の健康を守るためにも、自分の身体に合ったものを持っておきましょう。
それさえあれば、ウェアなどが適当でも始められます。

それ以外にも、特別なスキルがなくても始められる、健康効果が高いなどのメリットがあります。

ボルダリング

ボルダリングは壁に取り付けられた岩を頼りに登るもので、老若男女問わず楽しめるスポーツとして近年話題になっています。コストはシューズとチョークで数千円、それとジムに通う分だけの費用です。最初は各種備品をレンタルしても構いません。

一見難しそうに見えますが、腕力よりも上り方の戦術や身体の運用などが求められます。そのため、体力に自身がないという女性や中年の方でも楽しめます。どこのジムも初心者のために講習が開かれているという点も嬉しいですね。

お金は掛かるがビジネスパーソンの間で人気の趣味

趣味の中にも、人気なものと不人気なものがあります。以下は特にビジネスパーソンの間でポピュラーなもの。手を出しておくと、話題のネタになるかもしれません。

ロードバイク

ロードバイクで必要なものはバイクだけではありません。ウェアは長時間の運動に耐えうる機能を備えていますし、それ以外にも防犯用の鍵メンテナンスグッズなど多数の道具が要ります。初心者でも数十万円の出費になるでしょう。

しかし、1日で何十~何百kmも走る爽快感は他では味わえないものです。「自分の力で色々なところに行ってみたい」という方におすすめです。

ゴルフ

ゴルフは練習場に行くだけなら2,000円ほどのグローブがあれば始められます。コースデビューとなるとその他の道具も揃えることになり、全部で100,000円ほどの出費になるでしょう。

しかし、ビジネスパーソンの中でも人気の趣味の1つです。覚えておけば接待などで役に立つという実用性も備えています。

アウトドアとはかならずしも身体を動かすわけではない

上を見てみると、どれも身体を動かすものばかり。中には「疲れるのは嫌だ」という方もいるでしょう。しかし、アウトドアとはけっしてスポーツだけとはかぎりません。

その代表が写真や電車。デジタル一眼レフカメラの登場によって若い女性もカメラを持って外に出歩くようになりました。また、全国の電車を乗ったり撮影したりする、いわゆる電車ヲタも多いですね。

趣味を楽しんでいる人は活力に満ちあふれており、端から見ても魅力的に映ります。いつも仕事でへとへとになっている方は、スキマ時間を利用して何か始めてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。