出来るビジネスパーソンのリフレッシュ方法

出来るビジネスパーソンのリフレッシュ方法

長く快活に働いていくためにも、適切な休暇を取ることが大切です。

できるビジネスパーソンは働いている時だけではなく、休んでいる時も一流の過ごし方をしています。


いつもの休日の過ごし方がNGなビジネスパーソンが多数

以下は多くの方が取っている、ダメな休日の送り方です。平日のパフォーマンスを低下させる他、自身の健康や家庭を壊してしまう恐れがあります。

ダラダラ寝る

身体が疲れているなら休ませてあげることが大切ですが、それ以上に寝ることは良くありません。

人は寝過ぎると余計に疲れが溜まってしまうためです。

「寝たい!」と思っても、その疲れが本当に肉体疲労なのか、それともそれ以外の原因によるものなのかをしっかり見極める必要があります。

休日も仕事する

休みの日でも仕事をしていれば、社内の評価は上がるかもしれません。しかし、これはワーカーホリックに近く、自身や家庭を犠牲にしてしまう恐れがあります。

できるビジネスパーソンほど、平日は定時で業務をスッパリ終わらせて帰り、休日はしっかりと休みます。

本当の一流が送っている休日4つのルール

上述したような過ごし方をしている方は、すぐにでも次のような過ごし方にシフトさせましょう。できるビジネスパーソンたちが実践しているもので、心身を本当の意味でリフレッシュさせることができます。

予定を立てておく

休日を何となく過ごしていると、そのまま時間を浪費してしまいがちです。前日か、遅くとも当日の朝までには「今日はこれをしよう!」としっかり予定を立てておくと良いでしょう。

休日でも平日と同じ時間に起きる

「寝溜め」に意味はないと言われています。それどころか、生活のリズムを崩して体調不良を招く原因となるため、朝しっかりと起きるようにしましょう。

過ごし方の基本はプレイハード

「休日ぐらいゆっくり過ごしたい」と思う方が多いかもしれませんが、一流の方ほど休みの日でも激しく動き回ります。釣りやサイクリングなど、仕事以外でも情熱を注げる趣味を持ってみましょう。

家族にサービスする

多くの一流ビジネスパーソンは、口を揃えて「家庭を大切にできない奴は二流以下」と言います。家族は生きる上でも重要なウェイトを占め、また仕事の出世も家庭なくしてはあり得ないためです。


平日でもわずかな時間を見付けてリフレッシュ

リフレッシュとは、けっして休日だけ行うものではありません。平日でも疲れた時は、小さな時間を見付けて効率的にリフレッシュする必要があります。

その時でも、上に挙げたようなルールを守ることが大切です。アウトドアなど遠出するのは無理ですが、カラオケでストレスを発散させる、家族と外食に行くぐらいはできるはずです。

リフレッシュの仕方が下手な人は、仕事も上達しません。心身共にベストな状態を保てず、本来の実力の半分も発揮できていないためです。

一流のビジネスパーソンと呼ばれている方は、けっして能力が突出しているだけではありません。日々自分のことをしっかり管理し、パフォーマンスの維持に努めています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。