ビジネスパーソンがコーヒーを好きな理由。カフェイン以外にも意外な効果が・・

ビジネスパーソンがコーヒーを好きな理由。カフェイン以外にも意外な効果が・・

コーヒーは来客のときにほとんどの会社で出されます。それだけビジネスパーソンにとっては身近な飲み物で、仕事の生産性をアップするさまざまな作用があります。

コーヒーの作用を求めて飲む人がたくさんいる

もっとも有名な成分であるカフェインはビジネスパーソンの味方です。集中力の増大眠気の抑制疲労感の現象などさまざまな嬉しい効果が期待できます。

また、お酒を飲みすぎたときにもカフェインは有効です。アセトアルデヒドの分解を早めて、利尿作用によって老廃物をすみやかに排泄してくれます。

香り自体にもリラックス作用があり、会議のときに飲むとアイデアが浮かびやすくなり、感情に流されない議論ができるでしょう。

淹れるという行為にも意味がある

淹れるという行為にも意味があるスウェーデンには「フィーカ」と呼ばれる慣習があります。これは甘いものといっしょにコーヒーを飲んで休憩することを指します。このとき、彼らはマシーンを使いません。ドリッパーやサイフォンなどのアナログな方法を用いて淹れます。

実は、この行為にもビジネスパーソンとして嬉しい効果が期待できます。それは、淹れている瞬間は無心になれるということです。古来より瞑想は心を落ち着かせ、記憶力や生産性、創造性を高めると言われていますが、それと同じような効果が得られます。

日本の昼間でゆっくりお湯を沸かす暇はないかもしれませんが、朝起きたときなどに十数分だけ時間をとってみると日々の仕事力がアップするかもしれません。

飲み過ぎは厳禁 気分転換のときに飲むことがベスト

ビジネスパーソンにとってさまざまな嬉しい効果があるコーヒーですが、飲み過ぎには注意です。カフェインの摂り過ぎによって胃痛や吐き気、不眠などの症状が起こることがあります。とくに女性は貧血や冷えになりやすいと言われています。

また、利尿作用でたびたびお手洗いに立たなければならないこともあるでしょう。それで周囲に「サボっている」と思われたり、かえって集中力が落ちたりするため気をつけましょう。

水代わりに飲むのではなく、休憩時に「ここぞ」というタイミングで飲むことがオススメです。温かいうちに飲めば香りによるリラックス効果が高まりますし、メリハリをつけることで作業の集中力がアップします。

コーヒーはビジネスパーソンにとって嬉しいベネフィットがたくさんあります。日本ではコンビニで買うことが多いようですが、時間があるときにはアナログの道具を使って淹れることがおすすめです。胃痛や不眠を起こさないよう、適切な量を飲んで役立てましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。