MBAの講義ではExcel力で差がつく

MBAの講義ではExcel力で差がつく

MBAのビジネススクールでは分析やディスカッションなどさまざまな方法で経営に関するノウハウを習得していきます。

どのような場合であってもExcelの技術が必須です。入学前から差を付けていくために、毎日の作業から変えていきましょう。


実践力を養うためのMBA講義内容

ファイナンスやマーケティング、アカウンティング、経済学、統計学、戦略論など、経営に関する知識は世界レベルでほとんど標準化されています。

これらを知るだけなら、ビジネススクールによる差はほとんどありませんし、書籍を読むだけでも十分です。

MBAの講義に出席する意義はそれらを実際の分析やディスカッション、プレゼンテーションなどをとおして実践力へと変えていくことにあります。このことを重視して、各ビジネススクールではそれぞれ工夫された異なるカリキュラムが組まれています。

円滑な習得のためにあらゆる場面で利用するExcelの効率化

円滑な習得のためにあらゆる場面で利用するExcelの効率化どのような場合であってもExcelの能力は必須です。「たかだか1つのソフト」と考えられがちですが、現場ではこのツールの使用率がとても高いことを意識しておきましょう。

よく使う関数や、テーブル、ピボット、ゴールシークといった機能を習得することで、経営に必須である分析がよりスムーズになります。

さらにマクロやVBAをマスターすればできることの幅がいっきに広がることでしょう。

まずはショートカットキーから覚える

「あまり使ったことがない」という方はまずショートカットキーを覚えることから始めましょう。

例えば、さまざまな場面で使われるカット&ペーストは、右クリックでメニューを開いていては意外と時間がかかります。

WindowsではCtrl+X、あるいはVといった操作を活用しましょう。1つの作業で短くなる時間はほんの数秒ですが、これを何千回、何万回と繰り返せばかなりの効率化へとつながります。

各種ショートカットを覚えることで、作業密度が何倍にもアップすることでしょう。

ファイル
Ctrl + O ファイルを開く
Ctrl + N ファイルの新規作成
Ctrl + S 上書き保存する
コピー/貼付
Ctrl + X 選択範囲を切り取る
Ctrl + C 選択範囲をコピーする
Ctrl + V コピーまたは切り取った範囲を貼り付ける
Ctrl + Alt + V 「形式を選択して貼り付け」ダイアログの表示(2007以降)
検索/置換
Ctrl + F 検索
Ctrl + H 置換
Ctrl + G ジャンプ
選択
Ctrl + A ワークシート全体を選択する
Shift + Space 選択範囲を行全体に拡張する
Ctrl + Space 選択範囲を列全体に拡張する
Shift + 方向キー 選択範囲を拡張する
Ctrl + Shift + 方向キー データが入力されている範囲の先頭行、末尾行、左端列、または右端列まで選択範囲を拡張する
編集
F2 アクティブ セルを編集する

MBA取得のためにはExcel力が必須です。苦手な方でも入学前からショートカットキーから覚え始めておけば大きな差が生まれているはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。