MBAだけでは弱い。キャリアUPには英語力も必要

MBAだけでは弱い。キャリアUPには英語力も必要

MBAなら経営に関するさまざまなノウハウを体系的に学べます。

しかし、世界に通用する人材となるためには、中学生の頃から勉強し続けているであろう学問をさらに練磨させていく必要があるでしょう。

経営に関するあらゆる知識を実践力に変えるMBAとは

経営学修士号を意味するMaster of Business Administrationの略称です。マーケティングやアカウンティング、ファイナンスといったノウハウをまんべんなく体系的に学べます。

単に学問としてではなく、ディスカッションやプレゼンテーションなどのトレーニングを通してより実践的に、現場で通用する力を鍛えられる点が魅力です。これはただ書籍を読むだけでは習得できない部分でしょう。

取得することで、会社全体をより俯瞰的な目で見られるようになるでしょう。

また、スクールでは他業種にまで及ぶ豊かな人的ネットワークが築けます。これらによって、今までよりも遥かに活躍の場が広がることでしょう。

MBAは日本人が苦手な英語力を鍛える格好のチャンス

MBAは日本人が苦手な英語力を鍛える格好のチャンスビジネスにおけるさまざまなノウハウを学びますが、グローバル化していく時代で活躍していくためには、英語の力が必要になっていきます。日本人は特別この点が弱いと指摘されています。

外資系企業はもちろんのこと、最近では日経でも役職や給与の判断基準として利用されることが増えているようです。

スクールの中ではTOEICやTOEFLなどのスコアを基準としてある程度の英語力を前提としているところもあります。「苦手だから」といって消極的になるのではなく、むしろ世界に通用する言語力を鍛えるきっかけとして考えてみましょう。
「経営に関することを学びたい」と思ったらMBA取得を目指しましょう。ビジネススクールに通うことで、実践で役立つノウハウが手に入るだけでなく、人脈も広がります。

しかし、それだけではまだ不十分です。世界に通用するビジネスパーソンになるためにも、英語力も同時に鍛えていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。