出来るビジネスパーソンから学ぶ。失敗しない美味しいお店の見分ける5つの法則

出来るビジネスパーソンから学ぶ。失敗しない美味しいお店の見分ける5つの法則

接待のときに美味しいお店を探せるかも一流のビジネスパーソンのスキルです。

どのようなタイプの店舗でも、本当に良い場所はある共通した特徴があるようです。


開店前の様子から見ぬく

料理の仕込みはかなりの時間がかかるものです。そのため、開店よりもずっと前から店主が準備をしているようなところは信頼度がかなり高いと言って良いでしょう。反対に、開く直前に店主が来るようなところなら期待しないほうが懸命です。

店主は店のクオリティーを表す

店主は店のクオリティーを表すポイントは2つあります。まずは、無精ヒゲが生えていないかということです。もしそのような荒っぽい面が見えている場合、料理自体も雑なことが多いようです。飲食店で見た目が不相応だという時点でたかが知れていると判断しましょう。

また、うんちくを垂れ流すような人は信用できません。だいたいの場合それらはハッタリで、本当に美味しい味を出せていないことが多いためです。


看板メニューから味を推察する

そこがどのようなものをウリにしているかは、看板としているメニューから分かります。たとえば、魚が得意ならそれに関わるものが推されているはずです。もしおすすめが3つも4つもあった場合は信用できないでしょう。このようなところは整理できておらず、どのような料理も中途半端なことが多いようです。

アルバイトが楽しそうに働いていたら楽しく食べられる

料理自体の味だけでなく、接客態度などもそのときの気分に関わる重要なファクターです。ここで大切なことは、一流のレストランのように恭しい態度を取っていれば良いというわけではないことです。

そのため、まずは明るい雰囲気であることが重要です。厨房で店主がいつも怒鳴っているといった場所なら楽しく食事はできないでしょう。アルバイトが楽しそうにしているかということはそのような空気を確かめるための目安になります。

ユーザーの感想を参考にすることも手

インターネットサービスが充実している今日、使わないことは損です。店名で調べればたくさんの口コミやレビューが見られるでしょう。それらは店員が教えてくれない本音も載っているためかなり参考になります。

ビジネスパーソンなら美味しいお店の探し方を熟知しておくと接待のときに役立ちます。最終的には自分で食べて確かめることが1番確実ですが、良いところはある程度共通したポイントがあるため、それらをチェックするだけでも十分に絞れるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。