社会人からみた「嫌な」学生とは?

社会人からみた「嫌な」学生とは?

まだ社会に飛び立ったことがない大学生。中には、社会人にとって「嫌だな」と感じるような方も少なくありません。

以下に当てはまる方は早いうちに改善しなければ、就活で敬遠され、社会人になっても苦労することになるでしょう。

意識が高いだけで中身が伴っていない

「将来は起業するんだ」「絶対に大手に就職してやる」など、大志を抱く大学生はたくさんいます。しかし、意識が高いだけで中身が伴っていない方が多いことも事実です。

このような大学生は「意識が高い系」と呼ばれています。さらに掘り下げると、彼らには次のような特長が見られます。

口だけは達者

意識が高い系のほとんどは語りたがりです。知り合いにたいしてはもちろんのこと、FacebookやTwitterなどでも大層なことを話したがります。

政治家や有名人に提言したがる

基本的に彼らは身の程をわきまえません。政治家などその道の専門家にたいして、平気で素人意見を提言しようとします。「自分にはそれだけの能力と資格があって、それだけのことを言っている」と勘違いしているためです。

他人を見下す

彼らは「他とは違うんだ」と見栄を張るあまり、周囲の人を見下すような言動を取りがちです。特に発言がエスカレートしやすいネット上や、お酒の席などで数々の失言を聞けます。

そもそもの能力が低い

尊大な態度を持つ意識が高い系ですが、彼らは往々にして、たいした能力がありません。あれこれと手を付けるバイタリティはなかなかのものですが、それをやり遂げるだけの忍耐・精神力や、成果を上げるだけの技術などそれ以外が圧倒的に不足しています。

誇れるような実績はない

結局彼らは能力がないため、実績を尋ねてもたいしたものは聞けません。「学生団体を立ち上げた」などやる気さえあれば誰でもできることをしていればまだ良いほう。大学生の間まったく何もしていないことだって少なくありません。

言い訳も達者

自分が思い描くような成果を上げられなかった時でも、彼らは反省しません。「忙しかったから」「時期が悪かったから」など、ありとあらゆる言い訳をしてきます。

能力が低く、素直な心がないために成長も難しい意識が高い系。社会人としては上司や同僚、部下などどのような関係であってもかかわりたくない存在です。

「学生のくせに勉強しないのはもったいない」が社会人の本音

社会人の中には、「学生の時にもっと勉強していれば良かった」と感じている方がたくさんいます。だからこそ、勉強していない自堕落な学生のことを自己嫌悪するような目で見ることがあります。

学生が言う「忙しい」なんて、ほとんどの社会人にとって「当たり前」ぐらいのことです。「大学生は人生の夏休み」なんて言う言葉があるぐらい、日本の学生は暇です。その期間をどのように過ごすかで、今後の人生が大きく変わっていくでしょう。

社会人が好む学生像は、よく学び、素直な心を持つ人です。その反対である意識が高い系や自堕落な学生はおおいに嫌われます。

これらはけっして感情だけで言われているわけではありません。そのまま育てば役立たずな人材になるということが明らかだからこそ言われています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。