自分にあった睡眠のタイプを知っていますか?睡眠の質を高める3つの方法

自分にあった睡眠のタイプを知っていますか?睡眠の質を高める3つの方法

仕事のパフォーマンスを最大限の状態でキープするためには睡眠が重要なファクターとなります。

できるビジネスパーソンになるためにも日々の生活を振り返ってみましょう。

睡眠のタイプを見極める

すべての人間が同じ分だけ寝れば良いというわけではありません。6時間未満のショートスリーパーと9時間以上のロングスリーパーがおり、これらは矯正がとても難しいと言われています。

そのため、無理に「寝る時間を短くしよう」ということはおすすめできません。どちらのタイプであっても優秀になれます。そのため、自分がどちらに属するかを把握して、それに合わせた生活を送ることが大切です。

睡眠の質を高める

ショートスリーパーとロングスリーパーのどちらであっても、眠りの質を高めることは重要です。以下の項目を守ることで、よりすっきりとした朝を迎えられるでしょう。

寝る前にパソコンやスマホを触らない

就寝前に情報端末の光を浴びることは脳を覚醒させ、濃厚なエスプレッソを飲むことと同じぐらい睡眠を妨げてしまうとも言われています。寝る前は間接照明に切り替えて、明るい光を浴びないようにしましょう。

他にも、脳を覚醒させてしまうようなことは避けましょう。たとえば、激しい運動や頭脳労働などが挙げられます。

寝具でケチらない

寝具でケチらない最近では枕やマットレス、布団などにさまざまな技術が用いられた高級品が売られています。

眠りの質を高めていくにはそれらの購入も検討したいところです。どれも数万円を越える価格ではありますが、毎日長く使っていくものですから、けっして高い買い物ではありません。

単に高いものを買うのではなく、自分に合ったものをチョイスすることが重要です。枕の高さや硬さ、マットレスの反発力など、さまざまな要素があるため入念にリサーチしてから買いましょう。

休日も同じ時刻に寝起きする

多くの方がやりがちなことが、休日だからといって遅くまで寝ていることです。日によって睡眠時間をずらすことは体内のリズムを崩し、寝付きと寝起きを悪くしてしまう原因になります。

どのような日であっても、できるだけ寝起きする時刻は統一しましょう。「どうしても疲れて寝たい」という場合でも、プラス120分までがリズムが崩れないギリギリのラインだと言われています。

毎日のパフォーマンスを維持するために充実した眠りを心がけましょう。人によって最適な時間は違います。しかし、ショートスリーパー、ロングスリーパーどちらにおいても質を高めることは重要になるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。