憧れの企業にも? 外資系企業への転職に有利な資格4選

憧れの企業にも? 外資系企業への転職に有利な資格4選

外資系企業は、就職や転職において人気が高く競争倍率も激しいことが多いです。

そんな外資系企業の厳しい転職戦線を勝ち抜くには、これまでの経験・スキルだけでなく「資格」も武器としたいところです。

そこで、外資系企業への転職で有利になりやすい資格を厳選して4つご紹介します。


TOEIC

「TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)」は英語でのコミュニケーション能力を図る試験です。TOEICは国内企業でも選考基準として利用されることが多くなってきており、外資系企業でも選考基準として用いられます。

TOEIC○○点以上と明確に制限を設けていない外資系企業もありますが、外資系企業へ転職する場合はたとえ制限が無くともTOEICは受験しておくことをおすすめします。

なお、外資系企業へ転職する場合は目安としてTOEIC800点以上が評価の対象となっています。

国際秘書検定

「国際秘書検定」は、社団法人日本秘書協会が実施している民間資格です。ビジネス日本語・ビジネス英語・経営管理などの能力を問う試験となり、外資系企業で働く上での知識・英語力・応対力といったポテンシャルの証となります。

秘書検定とありますが、たとえ秘書職でなくても外資系企業へ転職するのであれば取得しておいて損のない資格と言えるでしょう。


米国公認会計士(USCPA)

米国公認会計士(USCPA)「米国公認会計士(USCPA)」は、アメリカの各州が認定する公認会計士の資格です。管理会計・財務会計・経済学概論といった会計関連の知識が問われる資格試験となり、かつ試験に合格するためには英語力も問われます。

この資格は証券会社や銀行など、会計・ファイナンス系の外資系企業に転職する場合は、大きな武器となります。また、経営部門や経営陣などスペシャリストな職種を目指す場合にも有利です。

また米国公認会計士(USCPA)で学ぶ知識は“企業”で働く上で持っておいても損はないものです。それ以外の業界・職種であっても、企業へ転職する上では有利になると言えるでしょう。

経営学修士(MBA)

「経営学修士(MBA)」は、経営系大学院を卒業する事で与えられる資格(称号)です。
MBAを取得する過程でマーケティング・財務会計・人材管理など、経営を行う上でのあらゆる知識を体系的に学べます。一定のビジネス力を持っていることの証となりますので、外資系企業では評価されるケースが多いです。

ただしMBAの場合、どこの大学院で学んだかも評価に関わってきます。特に一流の大手外資系企業ですと、海外の有名大学院で取得したMBAでないと評価の対象とならないことがありますので注意が必要です。

今回ご紹介した資格は、外資系企業へ転職する際に有利になりやすい資格です。ただ日本企業においてもキャリアアップやスキルアップに繋がる可能性もあります。

外資系企業への転職を考えている方は、今回紹介したような資格の取得を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。