この資格が良い! オススメ資格紹介③ -ビジネスマネジャー検定試験

この資格が良い! オススメ資格紹介③ -ビジネスマネジャー検定試験

「ビジネスマネジャー検定試験」は2015年に設立されたばかりの新資格です。

ビジネス系のマネジメントにおける総合知識が学べる試験として注目されています。管理職としての知識やスキルを身につけるために役立つ資格です。

今回は、ビジネスマネジャー検定試験の特徴や試験概要・勉強方法・注意点について触れていきます。

ビジネスマネジャー検定試験とは

「ビジネスマネジャー検定試験」とは、東京商工会議所が主催しているビジネス系の公的資格です。

「マネジャーの役割と心構え」や「人と組織のマネジメント」「業務のマネジメント」「リスクのマネジメント」の4つの項目から成り、ビジネスリーダーとしてのマネジメント知識を体系的に学ぶことができます。

業務上のマネジメント知識だけでなく、リーダーシップやコーチング・人材育成といったヒューマンスキルの部分についても体系的に学べます。現在管理職に就いている方はもちろん、将来のためにマネジメントスキルを磨きたいと考えている方にもオススメの資格です。

ビジネスマネジャー検定試験 概要

ビジネスマネジャー検定試験の試験概要は以下の通りです。

試験の受験資格

特になし、誰でも受験可能

試験の特徴

マークシート形式の筆記試験となります。試験時間は2時間で100点中70点以上を獲得すると合格になります。

難易度

難易度は普通です。合格率は70%前後となります。

勉強方法

ビジネスマネジャー検定試験は、用意された公式テキストの内容から出題される形式の試験です。このため独学が十分可能であり、割合としても独学で合格する方が多くなっています。

学生時代の試験勉強のように反復学習がポイントとなり、テキストの要点を掴み、反復して頭に記憶していくことで十分に合格を狙えます。

注意点

ビジネスマネジャー検定試験はあくまで“知識”としてのマネジメントスキルの証です。ビジネスマネジャー検定試験はあくまで“知識”としてのマネジメントスキルの証です。

マネジメントスキルを自分の中に落とし込むためには、知識だけでなく実践も必要になります。そのため本資格は仕事でマネジメントを行っている方、もしくは近い将来にマネジメントを行う予定のある方が、取得するのに相応しい資格だと言えるでしょう。

ビジネスマネジャー検定試験でマネジメントの知識を体系的に学ぶことで、これまでの管理職としての自分の強みや弱みを見直す機会になることでしょう。ワンランク上のマネジメント力を身につけたい方は、資格取得を目指してみても良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう


他にもこんな記事が読まれています。