ビジネスでの成果を上げる! 「プレゼン」編

ビジネスでの成果を上げる! 「プレゼン」編

プレゼンテーションはビジネスマンにとって必要不可欠なことです。

真面目で口下手な国民性である日本人の中には、プレゼンが苦手な方も多いですね。

しっかり準備をしてプレゼンに臨んだのに、多くのクライアントの前に出た途端に心臓がバクバクと鳴り出して冷や汗をかいてしまう方もいるかもしれません。

プレゼンの場で、いつでもスマートな提案を行えるようにビジネスシーンで役立つプレゼンテーションのコツについてご紹介していきます。


ビジネスで成功するプレゼンをするポイント

どんなに話術が巧みなビジネスマンでも、プレゼンに臨んだ時にはクライアントの厳しい目に飲まれて普通ではいられないものです。
そんな動揺を抑え込むことができるかどうかは、いかにプレゼンのコツを身につけているか否かにかかっています。

あなたはプレゼンの場を、用意した資料をただ説明するだけの場だと勘違いをしていませんか?
これはクライアントに飲まれてドキドキしっ放しのビギナー・ビジネスマンが陥りがちな考え方です。もしそんな考えてプレゼンに臨んだら「資料をおいて帰れ!」なんて言われてしまうかもしれません。

プレゼンの場は、集まった多くの企業が提案するプランの中から、いかに自分たちの案が優れていて魅力的で、かつ営業利益が上がるものであるかを納得してもらう場です。
そのためクライアントの心に響くものでなくてはダメなのです。

クライアントに「これでいこう!」と言わせるためには、次のポイントをわきまえたプレゼンをすることが大事です。

 

  1. 自己紹介をして、顔と名前をしっかり覚えてもらいましょう
  2. 資料を読むのではなく、ポイントと結論を伝えましょう
  3. 説得力のある「体験」を説明に盛り込みましょう
  4. 「いろいろなお考えもありますが…」と相手の意見も尊重しましょう
  5. ギリギリまで話すのではなく、時間に余裕を残しましょう
  6. 「いかがですか」と相手に語りかける時間を作り、共感を呼び込みましょう

プレゼンで相手の心をガッチリつかみましょう

shutterstock_426595537プレゼンでは、相手の心をガッチリつかむことができれば成功なのですが、「つかみ」で相手の気持ちを動かすことが一番難しいと思う人も多いです。
相手が思わず身を乗り出して聞き言ってしまう「つかみ」のコツは、プレゼンの構成の仕方次第です。

次の3つを意識して、プレゼンのシナリオを作ってみると良いでしょう。

  1. インパクトのある質問からスタートする ⇒ 共感性や一体感を生む
  2. ショッキングな事実を伝える ⇒ 説得力が出る
  3. 自分の気持ちを盛り込む ⇒ 親近感を与える

しっかりとした準備を行った上で、プレゼンの場に臨みましょう。緊張しないことのほうが難しいと考えた上で、楽しみながらプレゼンされると良いかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。