USB・電源ケーブルを持ち運ぶ時に覚えておきたい8の字巻き

USB・電源ケーブルを持ち運ぶ時に覚えておきたい8の字巻き

ビジネスバッグにUSBや電源などのケーブルを入れている方は、しっかりと整頓されているかよく確認しましょう。

どうしても絡まってしまう時は8の字巻きという方法が有効です。


鞄の中でケーブルがごちゃごちゃしている状態はNG

ケーブルが綺麗にしまわれているかということはほとんどの方が気に掛けないポイントです。しかし、このような細かいところからもビジネスパーソンとしての品格がにじみ出てくるものです。「鞄からノートを取り出そうとしたら、絡まったコードも一緒に出てきた」ということがあればみっともないでしょう。

また、ノートパソコンなどが会社からの支給品だった場合、それらを乱暴に扱うことは良いことではありません。周りからのイメージを良くする、各機器をできるだけ長く使えるようにするという2つの意味で、コードの管理は意外と重要になります。

線のダメージが大きいまとめ方をしない

たとえば、線を束ねてゴムでまとめる、もしくは結んでしまう方法は寿命を大きく削ってしまうためNGです。

また、円状に巻いていく「順巻き」はダメージが少なくスピーディーですが、線がよじれてしまうという弱点があります。

特に細身のものは捩れによる負担が大きくなるため、できるだけ軽減できるまとめ方をしたほうが良いでしょう。


負担なくまとめられる8の字巻き

ベストな方法はコードホルダーを準備することです。これは各種コードを束ねて保管するためのアイテムで、百円均一ショップや雑貨店などさまざまな場所で簡単に買えるものです。しかし、このようなアイテムをいつも持っているとは限りません。そこで、少々難しいですが線が捩れる心配がない8の字巻きをマスターしておきましょう。

これは、名前の通り数字の「8」の形に巻いていくものです。ケーブルへのダメージがかなり少なく、音響のエンジニアなどが使っている方法でもあります。慣れていないと手間取るかもしれないため、イヤホンなど手近なものを使って練習してみると良いでしょう。

USBや電源ケーブルを持ち運ぶ時はしっかりとまとめてから収納しましょう。ごちゃごちゃと絡まった状態を放置すると、周りからの見た目が悪く、線自体もダメージを負ってしまいます。雑貨店で売られているようなコードホルダーを準備しておくことが最善ですが、持っていない時のために8の字巻を習得しておくと良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。