ソサエティ5.0とは?最新テクノロジーで働き方は大きく変わるのか

ソサエティ5.0とは?最新テクノロジーで働き方は大きく変わるのか

AIなどのテクノロジーを活用した新たな社会を実現するための仕組みとして、「ソサエティ5.0」というコンセプトが日本政府により提唱されています。

今回はこのソサエティ5.0が実現することで、私たちのこれからの社会や仕事に与える影響や変化などについてお伝えしていきます。

続きを読む

USCPAのキャリア、合格後にはどんな選択肢がある?

USCPAのキャリア、合格後にはどんな選択肢がある?

USCPAを目指す上でもっとも気になるのが、資格取得後のキャリアパスです。

「合格後の仕事としてどんな選択肢があるのか?」についてはUSCPAの資格を取るべきか検討中の方も多いに気になるところでしょう。

そこでかつてBig4(世界4大会計事務所)の一つで働いていたことのある筆者の経験も踏まえ、USCPA試験合格者としての強みや合格後のキャリアの選択肢についてお伝えさせていただきます。

続きを読む

USCPA合格に必要な勉強時間の目安はどれくらいか?

USCPA合格に必要な勉強時間の目安はどれくらいか?

MBA(経営学修士)はかつて日本企業から社費での派遣留学が多くて人気がありましたが、企業派遣制度をやめる企業が増えて私費留学が主流となっています。

さらに日本国内の大学でMBAプログラムを始めるところが増え、海外でも通信によるMBAプログラムが増えており選択肢が増えています。

この記事ではMBAの概要から入学するまでの難易度、さらに具体的な取得方法についてご紹介していきます。

続きを読む

USCPA合格に必要な勉強時間の目安はどれくらいか?

USCPA合格に必要な勉強時間の目安はどれくらいか?

USCPAを受験しようか迷っている人の中には、普段仕事で忙しくて中々時間が取れないというビジネスマンもたくさんいることでしょう。

資格取得のための時間が多く取れないという人にとって、USCPA合格に必要な勉強時間の目安は気になるところです。

この記事では合格までの目安となる英語力や会計の知識はどれくらい必要なのかをお伝えし、その前提条件の下で各科目別の勉強時間の目安について解説していきます。

続きを読む

AIによって会計士・USCPAの仕事は無くなるのか?

AIによって会計士・USCPAの仕事は無くなるのか?

AI(人工知能)の普及により、世の中のあらゆる仕事が無くなってしまうという記事を読んだことがある方も多いと思います。

日本の公認会計士や米国公認会計士USCPAの仕事についても、海外の記事では仕事自体が減るなどのネガティブな面が取り上げられており、資格取得を検討している方の中にはその将来性への不安から取得を躊躇している方もいるのではないでしょうか。

そこでAIが会計士やUSCPAの仕事に与える影響やその将来についてお伝えしていきます。

続きを読む

【保存版】大学生が就職で有利になる資格10選

【保存版】大学生が就職で有利になる資格10選

就職を少しでも有利にするために多くの大学生の方が検討するのが、資格の取得ではないでしょうか。

ただし、資格といっても難易度の低いものや実務からかけ離れたものではかえって逆効果となってしまいます。

そこで大学生が就職で有利になると考えられる10の資格を挙げてご紹介するとともに就職活動と資格取得の関係において大切なポイントについてもお伝えしていきます。

続きを読む

仕事中もすぐできる!デスクワークの肩こり解消方法と対策のポイント

仕事中もすぐできる!デスクワークの肩こり解消方法と対策のポイント

肩こりは肩や首の周りの血流が悪くなり、筋肉が緊張して疲労物質がたまることが原因で起こります。

日本の国民病とも呼ばれ、男女ともに多くの人の悩みとなっています。予防するには日頃から肩周りの血流が滞らないようにすることです。

今回は肩こりの簡単な解消方法や対策についてご紹介していきます。

続きを読む