MBAをもっている著名人

MBAをもっている著名人

実業家として大成するためにはMBAを取得する必要があります。

これは、けっして学歴が必要だという意味ではありません。

より深く広いスキルを持ち、何十、何百人の上に立てるだけの人間力を身に付けるために必須だということです。


日本の大企業を支えるMBA取得者の一例

実際に、日本の名立たる企業の経営層はMBAを取得しています。以下で、そのごく一部をご紹介します。

楽天株式会社の創業者、三木谷浩史

1993年にハーバード大学MBAを取得し、1995年に日本でも有数のインターネットサービスを展開する楽天株式会社を創業しました。

サントリーホールディングス株式会社代表取締役社長、新浪剛史

上記企業の他、株式会社ローソンの元取締役社長でもあります。1991年にハーバード大学MBAを取得しています。

グロービス経営大学院大学学長、堀義人

東京都にある私立大学、グロービス経営大学院大学の創業者もハーバード大学MBA取得者です。他にも、同大学院の卒業生理事を務めた経歴があります。

ライフネット生命保険代表取締役社長、岩瀬大輔

ハーバード大学MBAを取得し、日本人で4人目のBaker Scholarを受賞しています。

ディー・エヌ・エー取締役会長、南場智子

取締役会長と同時に横浜Denaベイスターズのオーナーにも就任しています。

A.T.カーニー日本法人会長、梅澤高明

A.T.カーニーは世界的なコンサルティング会社。彼は1995年にマサチューセッツ工科大学MBAを取得しています。

経営共創基盤社長、冨山和彦

1990年にスタンフォード大学MBAを取得。上記以外にもオムロン社外取締役、朝日新聞社社外監査役などさまざまな兼職があります。

株式会社ミスミグループ本社代表取締役会長、三枝匡

スタンフォード大学MBAを取得。就任後、同社の売り上げを4倍以上にも成長させた実業家です。

株式会社ノンストレス代表取締役、坂野尚子

コロンビア大学MBAを取得しています。以前はフジテレビのアナウンサーとして活躍していました。

三井住友銀行頭取、國部毅

ペンシルベニア大学・ウォートン・スクールでMBAを取得しています。2017年には三井住友フィナンシャルグループ社長に就任します。

ライオン株式会社会長、藤重貞慶

ライオンは創業から120年も続く歴史ある会社。その指導者でもある藤重貞慶は慶応大学大学院MBAを取得しています。

あくまでこれらはごく一部です。他にも、たとえばサンダーバード大学MBAの卒業者には現ローソン株式会社代表取締役の玉塚元一や、株式会社ニッセン取締役の脇田珠樹などがいます。

これらから分かることは、著名人の多くは海外の、特に米国のMBAを取得しているということ。やはり、世界でもっとも力を持った国で、生の英語に触れながら学ぶことは効果的だということでしょう。

数年の期間を海外で過ごすことは大きな決断です。仕事や家庭など、さまざまなものに影響を及ぼします。しかし、それだけのリターンも得られること。ビジネスパーソンとしての成功を夢見るなら、検討する価値は絶対にあります。

今や海外に行ってMBAを取る方は少なくなっています。 国内スクールや通信制が流行り、そちらにビジネスマンが流入しているためです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアしよう



他にもこんな記事が読まれています。